エントリーナンバー52番~お疲れ様でした


ぬるぺんしょん宛てに、一通のメールが届きました。

「帰国しました」というご報告をいただいたのは、エントリーナンバー52番のミキさん

そのメールには、

『アヤコさんはもちろん、ラマザンさんやお兄さん、甥っ子くん、タハ君のおかげで短いけどとても楽しい時間を過ごさせていただきました。』

と始まり、とてもうれしいお言葉をたくさんいただきました。

チェックアウトの際は、ジューンとぱむっくに見送りを任せたのですが、無事セルチュクの列車駅までお供したようです。

こういったメールをいただく度に、お客様のあたたかさに、本当に感謝します。

その反面、安さと人情でがんばっているぺんしょんですが、至らない点(主に設備)を思い返し申し訳なく思うのです。

ミキさん、次にお会いできる日を心から楽しみにしています。

そのときのタハ君の言葉は、「覚えてるよ」ではなく、「また会えたね」に仕込みを訂正しときますね。

ありがとうございました。


後ろから光が差していい写真になりました




スポンサーサイト
category
遠路はるばるようこそ~日本からのお客様~
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/311-0cdaabdd