世界遺産の町で小銭を稼ぐ方法


この写真を撮るわしを写真に撮られた。なぜ?

エフェス遺跡がユネスコ世界遺産に登録され、小さな我が町セルチュクも日々変わりつつあります。

着々と進むセルチュク駅および路線の工事。出来上がり想定図、素敵なプラットフォームに終着駅が表示される電光掲示板なんか本当に出来るのだろうか。Ihale Bedeli(入札価格)は738万トルコリラ。世界遺産の町の駅が3億円ぽっちで出来ると思うとちょっと切ない。


ぽつん

世界遺産の町らしく、いつの間にかこんなものが設置されていました。観光地と言えばの顔出しパネル。


貴方もアルテミス像になれる!

紀元前から残る水道橋が町中にしれっとあるのがセルチュクのすごいところ。ここで写真を撮る観光客の方々もよく見かけるので、場所としては間違っていないと思うのですが、


ジャンプすればなんとか

わし162センチ、でも顔たわんかった。

明日から踏み台持って行って一日待機。お一人様50クルシュくらいでいい?(10人来たらビール一本買える)




スポンサーサイト
category
セルチュクいいとこ一度はおいで
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/329-7526b04a