アフメット少年の作品


「これ、ボクが書いた。ペンションに飾って。」

アフメット少年が2枚の絵を持って来てくれたそうです。

彼の頭の中にいるもう一人の誰かは、もしかするとパブロ・ピカソかもしれないと、

どんな絵を描いてくれたのか、楽しみにしてぺんしょんに行きました。

ぺんしょんの憩の間にすでに飾ってあった2枚の絵。

1枚目。


食べたいものを描いたのかな?

静物の定番、フルーツかご。

エーゲ海に浮かぶフルーツかご、そしてフルーツたちもちょっと浮かぶ。

ぶどうおっきく描きすぎてかごの取っ手がカンバスぎりぎりセーフ。入ってよかった。

2枚目。


ホクロふたつがいいですね

ポップな色使いと二人のピエロの表情と構図が素晴らしいアバンギャルドな一枚。

なぜピエロを描こうと思ったのかが謎ですが、個人的に大好きなモチーフです。




空いた時間に絵を描こうと油絵道具を持ってきてあるのだけど、集中する時間がなかなかつかめない。

そろそろ描くかな。




スポンサーサイト
category
ぬるぬるぺんしょんってこんなとこ
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

アフッメト少年

アフッメト少年の今までの記事を
読み返して勝手に、何となく暗いイメージの
少年を想像していつも切なく成りました。でも彼の描いた絵を見て
ぜひ一度会いたくなりました。逢えた時には
丸裸の電線が見える所ではなくちゃんとした
額縁に入れてあげたいです。待っていてください。
  • 2015⁄09⁄10(木)
  • 10:15

アフメット画伯すばらしい!
絵だけはセンスだからね~。
うちも娘の方が絵が上手。
ときどき一緒にお絵かきすると私のは「恐怖画」になる(笑)
観察力がないらしい。。。
  • 2015⁄09⁄10(木)
  • 17:29

あのペンギンを思い出すと恐怖です

>ゆみこさん
味があるでしょ、彼の絵。
マダムリーさんがすんごい額縁に入れてくれるらしいので(絵は額縁で決まる)また見に来てください。
個人的には、恐怖画のほうが断然好きですけど。
観察は感覚で十分。視覚観察は要りません。

  • 2015⁄09⁄10(木)
  • 23:39

アフッッッメト少年

>マダムリーさん
元気で朗らかでダンスが上手な明るい少年です。ぺんしょんの朝食用ソーセージが何者かにかじられてあって、彼の仕業だと分かってもラマザンは何も言いませんでした。わしからの助言は「食べるならナイフで切れ。」です。
丸裸の電線は、ぺんしょんのあちこちにあります。丸裸の電球もあります。アートです。
「待っていてください。」のひと言が非常に怖いんですけど。
  • 2015⁄09⁄10(木)
  • 23:49

あの青の使い方が

シャガールを彷彿させる美しい作品です。
筆のストロークもなかなかなものですね。
おもうにあのピエロはアヤコさんとラマザンさんがモチーフでしょうか?表情がいいですね〜。

今度ポートレート頼もうかな?
  • 2015⁄09⁄14(月)
  • 03:27

ピカソというよりはシャガールだね確かに

>水色マンさん
今日ぺんしょんに行ったので聞こうと思っていたのにすっかり忘れてしまった。いったい誰がモチーフなのか。
しかし本当にわしとラマザンのつもりで描いてくれたのであれば、ラマザンは笑顔で(メガネも合ってる!)わしのイメージはへの字ぐち、そして二人はピエロ、、、。か、仮面夫婦!?
アフメット少年、恐るべし。
  • 2015⁄09⁄15(火)
  • 01:59

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/330-08938f86