トルコの結婚式~星付きホテル編~


トルコの結婚式は夜始まります

ラマザンの姪っ子、かわいいかわいいセリンちゃんの結婚式に行ってきました。場所は、セルチュクにも実は存在する4つ星ホテル、ヒッタイト・ホテル。


少なそうに見えるけど実際はものすごい人の数だった

娯楽の少ないトルコの田舎において結婚式とは、待ってました!と言わんばかりのお楽しみ会。しかもこの度は普段ならちょいとひとあし入ることもはばかられる星付きホテル。写真ではわかりづらいですが、みなさんのオサレがんばってる度がハンパなくって微笑ましい。


結婚式だろうがボレキは必須なんです

卓上には、ポプリがついたかわゆいハンドミラー(女性が持ち帰る)やタンバリンなどがスタンバイ。ちなみに、スタンダードな公民館ウェディングではお水だけだったのですが、ちょっとしたスナックも用意されており、コーラやファンタなども出てきました。え?お酒?ここイスラム教の国、日本の結婚式の感覚はがんばって忘れましょう。


きゃわゆい!!!!!

花嫁セリンちゃんが音楽に合わせ踊りながら登場したと思ったら、違う方向から花婿が登場。そして宴会場の中央で「やっと出会えたね~(ラブ)。」みたいな寸劇が始まる。こういうのってきっと打ち合わとか練習とかってしてないんだろうな。踊り好きトルコ人の持ってなせる業。


くるみ割り人形みたい

そして女の子集団に囲まれ、まわってまわってまわってまわーるお姫様セリンちゃん。かわいい!かわいすぎる!!もう~、このときの動画、DVDにして売っちゃえばいいのに!!


カラフルスプレーチョコ、久しぶりに見た

そんなわしの荒い鼻息を鎮めるかのようにやってきたウェディングケーキ。おいしかった。(鎮火)


行列の出来る結婚式

ひとしきり踊った後は新郎新婦おまちかねご祝儀タイム。トルコのご祝儀は、金を用意します。お金ではなくゴールド。参列者の方たちが次々と並び、新郎新婦の胸元にまちばりでリアルゴールドを付けていきます。

ちなみに今回ラマザンが「上下ピンクで行く」と3日ほど前から予告していたので、それならばとわしもピンクのワンピースピンクのサンダルで参戦。セルチュクの林家ペーパー子は、結婚式で異様に注目を浴びていた。(動物園的な視線)


なんだかものすごくうれしそうな花婿

現金の価値が信用を取り戻しつつあるのか、現ナマご祝儀もたんまりぶら下がっていました。



トルコの結婚式はとにかくダンス。疲れを知らない子供のように、参列者のみなさん老若男女深夜まで踊り続けたのでした。(数曲踊ったけどもう限界、ビール飲みたくて11時に帰宅。)



スポンサーサイト
category
たまにはおでかけ
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/342-f3e422c1