家を買いました


ラマザンといっしょに当分悩んでいたのですが、

とうとう家を買いました。

値段を聞いては諦めて帰り、を繰り返していたのですが、将来を考えるとそうも言ってられないので、清水の舞台から飛び降りてみました。現金で一括払いです。

二世帯住宅というやつで、シンプルですが居心地のよさそうな家。


うなぎ犬の寝床

ジューンとぱむっくに。

クシャダスで買ったのですが、配送料込みにしてもらい300リラ(約13000円)。

今まで一つのおんぼろはうすでなかよくいっしょに寝ていたのですが、

別々がいやなのかあんまり入ってくれません。


秋のひなたぼっこ

せっかく買ったんじゃけ入ってよー、おふたりさん。




スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

新居おめでとうございます!

うー、信じちゃったよー

折角の2世帯住宅、多分、入らないような気が・・・
私もケントエフェス用に特大&中型ワンコベッドを日本から
運んで来たけれど、特大を2頭で仲良く寝ているか、
取り合いをやっていました。

その2世帯住宅、どっちかを2頭一緒に使っていそう。
うちも犬小屋作ってもらったけれど、
あれ、パぴ―時代から使っていないと、
住んでくれないんじゃないかな。
ケントは殆ど入ってくれなかったもの。
  • 2015⁄11⁄15(日)
  • 00:29
  • [edit]

大成功~~~~

>ラム子さん
犬たちの家でした~。

今まで使っていたのは、たしかジューン子が3カ月にならないくらいのときに家具屋さんで75リラで作ってもらったただの木枠なんですが、やっぱりちびっこのときから使っていたせいかあっちの家のほうが落ち着くのでしょうか。ぱむっくも生まれたときからおかあさんと寝ていた家だから同じですよね。
ただ、薄い木の板を組み立てただけの犬小屋なので噛みたいさかりの頃のジューンがかじってかじって入口とかもう広くなっちゃっててどうしても新しいのを買いたかったんです。今は二匹だし。
ジューン子はもうこの季節でもぶるぶるしているくらい寒がりだから、きっと寒さに負けて入ってくれるはず。ぱむっくは・・・、そこにひっついて寝るかな、やっぱり。
それにしても、特大ワンコベッドを日本から運んできたなんて、スゴイ!!


  • 2015⁄11⁄15(日)
  • 22:28

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/344-4ba3f886