カロリー摂取過多な土曜日


「お昼ごはんアヤコが食べたいもの食べに行こう。」

何か下心があるかのようなオファーがあったのですが、まあせっかくなんで「肉!キョフテ(トルコのちっこいハンバーグ)とかじゃなくて、ステーキ食いてー!」と、慎ましやかにお受けしました。


そんなたいそうなことは書いてなかった

クシャダスのエフェ・ブティックホテルの一階にあるレストラン。両親が来てくれた際にはじめて来てみたのですが、味よし景色よしサービスよし、で気に入ったので再訪。仕事のことで頭がいっぱいで何かメモし始めたラマザン(最近になって「メモをとる」ということを覚えたらしい)をほっといて、まずは勝手に出てくる前菜をビールといっしょにつまむ。サラダがトルコっぽくなくておいしい。ちなみに、きゅうりとトマトをサイコロ状に切るトルコのサラダ、食べにくくない?


下味をつけるといきなりトルコっぽくなくなる肉

ラマザンがオーダーしたピルゾラ(ラムチョップ)と、


やっぱTだね

わしがオーダーしたTボーンステーキ(400グラム)をシェア。前回焼き加減を聞かれたので、ミディアムで、と伝えたら、それは素晴らしい焼き加減だったのが好印象だったのですが、今回は聞かれなかった。なんとなく任せてみたい気持ちだったのであえて何も言わなかったですが、前回同様うっすらとピンク色が残るミディアムで大満足でした。

飲み物は、コーラ一杯、コーヒー一杯、ビール(500ML)一本、赤ワイン(特大グラス)一杯で、合計115リラ(約5000円)でした。Tボーンステーキ単体のお値段は45リラ(約2000円)。エーゲ海見ながらがっつりお肉食べてお酒飲んでこの値段。クシャダスでシーフード食べるとたいていこの倍はいくので、やっぱ肉の国トルコでは肉を食うべきか。


動きを止められない人が約一名

ランチの後、冬用の靴を買いたいというラマザンに着いて行き、「全員買ったほうが安い。」という値切り武将ラマザンの道理につられ、結局3人ともお買い上げ。ラマザンはCAT、わしはHAMMER・JACKのブーツ、タハはニューバランス。トルコで自分用の靴買ったのなんていつぶりだろう。




夜7時。

やっぱり腹減らねーなー、と思いながらニュースを見ているとラマザン帰宅。

「腹減った。晩飯食おう。」手に何やら持っている。


ピデじゃなくてピザ

3日前の夜11時。「宅配ピザ頼もう!」と二人で盛り上がり、5分かけてオーダーを決め、電話するも「現在使われておりません」だったときのわし、相当がっかりした顔しとったらしく、別のお店を見つけ「2枚で1枚の値段だった!」とうれしそうに買ってきてくれた。

出来れば今日一日はTボーンの余韻に浸りたかった、と思ったのも束の間、久しぶりのデリバリーピザ(持ち帰りじゃけど)の味になんかしらん感動して結局食べてしまうという。ジャンクフード、恐ろしや。





スポンサーサイト
category
たまにはおでかけ
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/345-a823e1be