屋上改修及び増築工事~10%の確率への道


90%の確率で取り壊しを言い渡さなければならない。

役所の人にそう言われながらも、それだけはなんとか避けたいとラマザンが何度も何度も役所に出向き、10月下旬、結局4000リラの許可申請代を払えばよいという結果になりました。みなさまご存知のとおり今のトルコ、観光業は非情に苦しい状況にあり、セルチュクのペンションもいくつか閉鎖している状態。4000リラもあれば一冬越せる大変な出費ですが、もやもやしても仕方ないので支払う方向でいくと役所にそう伝えたのが11月中旬。

しかし、最終的な検査の日、役所の人は来ませんでした。

何度か問い合わせても「まあそのうち」みたいな曖昧な返事のまま3週間が過ぎました。

閑古鳥とは言え多少のお客様はいらっしゃいます。そっちがその気ならこっちだって好きなようにやらせてもらうよ、ということで、


ストーブに近づかないえらい子タハ君(ビビリ)

検査まで建物自体を改築し続けてはいけないと言われているので中途半端な状態ですが、あたたかい屋上ダイニングで朝食を召し上がっていただける準備はできました。

このままずっと役所の人が来なかったらどうなる?と聞くと、ラマザン「金払わずに済むからそのほうがいい。」

いやいや、こんなわけわからん役所なんだから、後からいきなりやって来て「許可申請代払ってないから追加で罰金払え。」とか言い出すんじゃなかろうか。

しかしまあ、ひとまずこういう結果に落ち着きました。


大好きなメルトアービーと遊ぶ

ご心配くださりお声をかけてくださったたくさんの方、ありがとうございました。



スポンサーサイト
category
ぬるぬるぺんしょんってこんなとこ
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

わぁ~、改築途中とはいえ、素敵な屋上ダイニング!
昼間は陽があったってあったかそう~。
今度行ったら滞在中、昼間たこ焼き屋やらせてください!
  • 2015⁄12⁄04(金)
  • 17:42

まったりぬるぬるできそうですね

ラウンジーなラウンジ、油断するととろとろひよひよ眠りに落ちてしまいそうです。お客様がゆっくり過ごせる空間はおもてなしの基本のきです、頑張りましたね。
水色マンも早いとこ体験してみたいです。
とりあえず、よかったですね。

2枚目の写真いいですね〜。新鮮にピュアな愛を感じます。タハくんのまっすぐな体勢も見逃せません。
  • 2015⁄12⁄05(土)
  • 06:44

屋上に温室できました

>ゆみこさん
次に来てくれるときまでには、もっとデコレーティングされていると思うのでおたのしみに~。
たこ焼き、楽しみにしています!!
  • 2015⁄12⁄05(土)
  • 18:11

ぬるぬるしに来てください

>水色マンさん
ひよひよできますよ、日中は日が燦々と当たり温室状態です。
来年のオンシーズンまでにはもっといいカンジに仕上がっているはず。是非遊びにいらしてください。

> 2枚目の写真いいですね〜。新鮮にピュアな愛を感じます。タハくんのまっすぐな体勢も見逃せません。

いとこのメルトが大好きなタハ君。あかんぼなのに筋肉質なので、新体操とか合っているかも。
  • 2015⁄12⁄05(土)
  • 18:14

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/346-f496ae85