あけましておめでとうございます


青のりは欠かせません

大みそかを待ちきれずもう数日前に食べてしまった年越し蕎麦、今年はアボカドとろろ温蕎麦。フリーズドライとろろの優秀さに驚く。


二日前から急に冷え込むようになり、31日のセルチュクの最高気温は5度、しかも強風。家で飲んだくれようかと思っていましたが、タハ君を毛布でぐるぐる巻きにしやっぱりぺんしょんに行くことに。


トルコ人とターキー

やっぱり去年と同じくターキーを食べることに。シェフは親方。


片づけもしてくれるお兄さん

お兄さんは野菜担当。


エコ料理

ストーブの上で調理。ブロッコリーは3時間茹でました。


1.5リットルのラク!

待っている間、お酒組はひたすら飲む。ラマザンからお花もらったのですが、また野菊。今日から名前、たみさんにしようかな。


なんかまとまりのない会食

料理開始から約3時間半。ターキーの煮込みオーブン焼き、揚げ野菜のにんにくヨーグルトかけ、カリフラワーのフリット、飲み物はファンタ、


もうちょっと上手に書けないのだろうか

食後はケーキ。トルコ人の方々、大みそかをクリスマスと勘違いしてらっしゃる。

おなかいっぱい食べて、ジューンとぱむっくにもお肉をたんまりあげたあと帰宅。


一瞬で終わりました

バルコニーから0時のこじんまりした花火を見ながらハッピーニューイヤー。2016年のはじまりです。


湯気もおいしそう

明けて元旦。
クリスマス風の大みそかじゃなんか正月気分出ねーなー、と思い、ぜんざい作ってみた。


目ヤニ最高潮

微熱の後、麦粒腫にやられて食欲ないタハ君にはたまらない甘味だったらしく、もっともっとと大騒ぎ。そんなお正月。


今年もよろしくお願いします。




スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/356-24c5b65e