イカメット更新とステーキランチ


昨年からイカメット(滞在許可証)の申請・更新がオンラインで出来るようになった。

あの苦虫噛み潰したようなおばはんの顔を見ずに済むと思ったらせいせいするぜ、と、せっせと必要書類を(ラマザンが)揃え、オンラインで申請した書類をプリントアウトしたものを添えて郵送。

トルコ人、オンラインの意味わかってないネ。

あれから何の音沙汰もなく約1カ月が過ぎ、わしのイカメットの有効期限は余裕で過ぎた。

そして先週の金曜日、ラマザン「来週の月曜日イズミルへ行くぞ。」え?なんでなんで??と聞くと、イズミルの外国人課から連絡があって、書類の不備とラマザンのサインが抜けていたから来い、だそうな。結局行くんかい。

オンラインの意味、まるでないネ。



というわけで月曜日、車で往復2時間かけてイズミルへ行ってきました。


コックさんがいる!

ステーキ食べに(役所の用事は1分で終了)。ラマザンが「ここにしよう!!」と動物のカンで決めたレストラン。今になってようく写真を見ると、ちゃんとしたコック帽のシェフがおるではないか。


シールぺたぺた

フレンチビストロのようなかわゆい店内、


ショッピングも楽しいイズミルのバザール

しかし外に座る。


太い!!

ショーケースに入っていたこの極太スジュク(トルコのソーセージ)がどうしても食べたかったラマザン。しかしまだ熟成していないとのことでオーダー出来なかった。”食べたい食べたい!”と、じたばた。子供か。


前菜もおいしい!!

メゼ(前菜)とセロリ入りトゥルシュ。どちらもおいしくて期待が高まる。


からしがうまい!!

メインは最近ハマっているTボーン。レアが大好きなラマザン、「血がしたたるくらい」というオーダーに「どれぐらいのしたたり具合か」を細かく聞いてくれ、そしてそれが完璧な焼き加減で出てきた!お肉自体の味もめちゃめちゃうまい!からしも本物!(トルコ人あんまりからし食べないからうれしい驚き)。なにより、木の板で出されるとステーキは10倍おいしく感じるね。(お皿のほうが衛生的なのは100も承知で)



帰ってネットで調べてみると、かなり人気のステーキ&キョフテ専門店だったようです。
お店の名前はBIZIM KOFTECI HIDAYET、イズミルの時計塔裏のバザール内にあります。おすすめです。





スポンサーサイト
category
たまにはおでかけ
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/359-9b4ef03a