霧の朝


親方夫妻も一緒です

ある日曜日、ベレヴィ村のサンデーマーケットへ行ってきました。親方ご夫妻とダブルデート、


なんかもうおっさんみたい

プラスちびっこ一名。ラマザンのおばさん(チーズ屋さん)から大好きな裂けるチーズをもらってほおばるタハ君。上司の愚痴を言うサラリーマンがさきいか食っとる風。


何匹売れたのでしょうか

魚屋さん。釣って来たばかりらしく、でっぷりと太ったフナが並んで口をぱくぱくさせています。しかし、わぁ〜新鮮〜、ってなんか思えない。フナ好きの方には申し訳ないが、わしはこのフナ食べるくらいなら、はんぺんでいい。


ブルーシートレストラン

ここのマーケットの端っこではおばちゃんたちがギョズレメ(トルコのクレープ)を焼いています。


シンプルというか素朴なおいしさ

チャイといっしょに熱々をほおばります。焼きたてはホントにおいしい。



マーケットで買ったもの、タハ君にタイツ一足。
あと、ラマザンが、オレンジとみかん・・・・・、20キロ。



スポンサーサイト
category
たまにはおでかけ
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016⁄02⁄18(木)
  • 06:20

コメントありがとうございます

>鍵コメさん
こんにちは。わー、なんという偶然。あの服、あったかくって重宝しているのですが、実は若干、足の部分が短いことに気づきました(腕はだいじょうぶ)。まあ、次の冬はもう着られないと思うのでいいんですけど~。
しかしこの冬はあったかいですね。今日は大汗かいて砂だらけで遊んでました。二人で。
  • 2016⁄02⁄19(金)
  • 02:00

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/363-15713fd5