初心忘れるべからず


今日ぺんしょんへ行くと、年賀状が届いていました。


何度も何度も読みましたありがとうみんな

4通いっぺんに。海外からの郵便物は、イスタンブールあたりでせきとめておいて、まとめてぼーんっと地方に送るっぽい。

一枚は、海地獄なるところへ行ったらしいおねいちゃんから。

一枚は、ご主人が5キロ痩せたという輝かしい報告と共にHファミリーから。

一枚は、NYの気温を上げているに違いない新婚ほやほやの親友、M子ちゃんから。

そして、もう一枚。

それは、台湾からのはがきでした。見覚えのある筆跡、すぐに誰からかわかりました。あのご夫婦です。

2013年6月、我々がぬるぺんしょんを始めたばかりの頃に宿泊いただいた初老のご夫婦。はがきには、「Dear Ayako & Ramazan, Missing & Blessing, Peace & Love!」と書かれており、ほんわりとしたお二人の笑顔を思い出しました。

ぺんしょんを始めたばかりの頃、何もかもが新しく、忙しく、無我夢中で、でも一人一人のお客様のお顔がわかる毎日、あの頃のお客様がこうして今でも我々のことを遠い国で思い出して下さっている、

ぺんしょんをやっていて本当によかったと思ったのと同時に、いろいろと考えさせられました。



明日、返事を書こうと思います。



スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/364-2fbc68f9