いよいよ大詰め


壺を入れるのが定番

2週間前、ぼちぼち完了だと思っていた焼きものステージは実はまだまだだったようで、最終的にはこんな風に仕上がりました。親方のセンスが光る!


イルマス兄貴の作品にも壺が

道路際の露天風呂は焼きものステージ2号でした。なんか、いろいろ焼きたいらしい。



オリーブの木に囲まれたレストランです

オリーブの木たちにも囲いを作り、配線を施しスポットライト設置。ソーラーライトも。なんか、すごい照らしたいらしい。


フルーツやオリーブオイルが並ぶ予定

マーケットコーナー。


テレビは箱に入れるのがトルコ流

テレビの箱も手作り。チョコレート風。


やっぱり新品は気持ちいい

昨日運ばれてきたのは、屋外用のテーブル&イスと、


ダンボールの中には

ピンクの冷蔵庫!

アイスクリームと専用冷蔵庫。


役所の検査も無事終了。近日オープン予定です。



毎朝、まだ暗いうちから働いているラマザン。昨日の昼、なにやら手に持って帰ってきた。「今日は日本では女性の日だよね。」あぁ、ひなまつり。すっかり忘れていた。


何の花だろう

レストランの鉢植えがひとつ減っていました。




スポンサーサイト
category
パヤマ・レストラン
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

予約お願いします

素敵なインテリアのレストランもいいんですが、こんな大自然に囲まれてのアルフレスコ、最高ですね。

オススメメニューはやはりラマザンさんの大好物アダナケバブでしょうか?

グランドオープンが大成功になる事をお祈りします。
  • 2016⁄03⁄06(日)
  • 01:42

60人でも予約なしで来るからだいじょうぶ

> 水色マンさん
ことあるごとにこっちの人たちに岩国の山賊レストランの素晴らしさを語っているラマザン。雰囲気は違いますが、自然の中のレストランを作りたかったようです。

> オススメメニューはやはりラマザンさんの大好物アダナケバブでしょうか?

正直何を売るのかあまり把握してないわし(こら)。各種フルーツジュースは間違いないようです。

> グランドオープンが大成功になる事をお祈りします。

ありがとうございます。実は昨日、まだオープンしていないのにトルコ人の団体客60人がやって来た。ラマザン、「まだ準備中なんで。」なんて言う人じゃない。「とにかく入れ!!座れ!!!」と、チャイ出して休憩してもらい、添乗員に営業をかけたそう。お茶代だけでもありがたいもんです。女性客にはジューンとぱむっくが大人気。てんやわんやの夏になりそうです。



  • 2016⁄03⁄06(日)
  • 18:29

さすが

個人的にはそんなプリオープンやソフトオープンしてる所大好きですね。
グランドオープンしたらどうなるんじゃろうか、プリオープンに来れたみたいなわくわく感がかられて早速FBでラブでしょう。
あのジューサー一台で大丈夫でしょうか?60人も一気に来られたらラマザンさんたとえ右足一歩踏み出して頑張ったとしても翌日筋肉痛で手が上がらなくなってしまうので水色マンはとても心配です。

目を閉じると思い出せる山賊。マイナスイオンたっぷりの中で頂くおむすびや豪快な山賊焼きが恋しくなりました。たまにかっちゃんが連れて行ってくれたんですが、今度会ったらおねだりしてみようと思います。

  • 2016⁄03⁄07(月)
  • 04:43

人出だけはたくさんあるので

>水色マンさん
電話一本で知り合いや甥っ子の友人などの助っ人がすぐ来てくれる、”みんな普段何やってんの?”てのがトルコの不思議。人出には困らないので、ラマザンの腕が上がらなくなってもだいじょうぶでしょう。まあ、彼を突き動かしているのは霊なので、憑りつかれている間は問題ないのです。

> あのジューサー一台で大丈夫でしょうか?

ジューサーは今んとこ二台あります。おそらく、一台、また一台と増えていくと思われます。


山賊、あんな素敵なレストランはなかなかないですよね。お花見か紅葉の時期に行きたい。かっちゃんに、わしも連れて行ってもらうよう頼んでおいてください。
  • 2016⁄03⁄07(月)
  • 18:57

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/383-db2f74e2