出前配達は二度ベルを鳴らす



予告犯行前の証拠写真(暗がりで)

ラマザンから「これを届ける。」とケータイに予告があって、5分後に届いたきのこソテー。箸で持ち上げてみてびっくり。これ、一枚のきのこ!


ぶりぶりしたお肉がぎっしり

ここからはサンドイッチ三連発。ラマザンの姪っ子セリンちゃん夫婦が我らのレストランにたんまり差し入れしてくれたお肉をすぐに焼いて作ったらしいサンドイッチ。おそらく300グラム以上は挟まってたお肉、ぶりぶりしてものすごくおいしかった。デザートはすいか。


すんげーイワシ挟まってた

小イワシサンドイッチ。トルコのお酒ラクとほおばるとサイコー。


ちっちぇーなーここのキョフテ

ある日届いたのはキョフテ(トルコハンバーグ)サンドイッチとアイラン(飲むヨーグルト塩味)。食べ終わった頃にまた誰か来た。


今が旬の苺たち、でもちょっとタネが硬い

「イェンゲ、デザート。」
いつも出前を届けてくれるメルトには感謝感謝ですが、ガソリン代もったいないから一度で済ませて欲しい。



スポンサーサイト
category
ラマザンの男の手料理
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/386-5e0aec16