約半年をかけて完成間近


キャラバンサライも親方が建てたんだよ

11月初旬。
この細長い透明チューブの中にはお水が入っていて、建物の端から端へ持って行き水平を測ります。日本などでは今はだいたい機械で測るそうですが(大工の義兄談)、ここトルコではこういうシンプルな原理を今も使っています。



完成までもう一息のぬるぬるプロジェクト第一弾。エントランスはこんな感じで作っていきました。


わしの希望を職人さんたちに伝えてくれる人
11月上旬。


屋根がついた
1月中旬。


柵がついた
2月上旬。


12月はまるまる他のプロジェクトに費やされ、2月は建物の内側が乾くのを待っていましたが、ただいま内装に取り掛かり中。観光客が少しずつ戻りつつあるセルチュク、本格的にオンシーズンが始まる頃までにはなんとか間に合いそうです。
プロジェクト第一弾次回報告では、詳細をお伝えできると思います。



スポンサーサイト
category
パヤマ・ハウス
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/387-7df0901b