なんとなくオープンしてみた


プロジェクト第二弾。グランドオープンなんてそっちのけに、工事を進めながらもすでにぬるぬると営業を始めています。


バックには美しい山々

親方とわしのデザインによりこんな風に仕上がった焼きものステージ2号は、


このアブラの笑顔初めて見ました

ちびっこ煙突がかわゆいギョズレメ窯でした。(これは私ではありません)


ぱりっぱり!!

早速試食。ラマザンのおばさんはチーズ専門店を営んでいるのですが、そこで作ってもらった新鮮ヨーグルトで作った特製アイランと、特製チーズと葉っぱ(野菜です)のギョズレメはあつあつのぱりっぱり!鉄板がまだ慣れていないので焼きムラがありますが、レッドペッパーがピリッときいてパンチのある味はビールにもぴったりです。(アルコールもご用意しております)


パインの宙づりが目印です

電飾取り付け中のマーケットコーナー。夜中にフルーツたちがひっそりと照らされていると、なんか東南アジアの田舎みたいで良い。


ロッキーみたいにごくごく飲もう!

村のケージフリーのにわとりの新鮮卵は一個1リラ(約40円)。トルコの物価が安いと勘違いしている人、それは大間違いです。しかし、毎日一個を二日に一個にしてでも良質のたまごを食べるべき。味が全く違う!(訂正:一個75クルシュ、約30円でした)


味のチェックは欠かしません

専属の調理人が、新鮮なメゼ(前菜)とお肉を毎日仕込んでいます。


つまみ食いとも言いますが

もちろんセルチュク名物チョプシシも。



明日は日曜日。団体様のご予約もあり、天気も良さそうなので、忙しくなることを祈って、今日は飲みます。(土曜日だし)





スポンサーサイト
category
パヤマ・レストラン
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

うぉ~、とっても素敵な仕上がり!(まだか、でも十分)
これでもうヌルペンション、レストラン、セルチュクハマムのローテーションでリラックスしたバケーションを過ごす事が可能ですな。
早く行きたい!
次回訪問した際はそこのオリーブオイル持って帰ります!

え~、こどもの言葉の発達について。
もちろん個人差ありますが、一般的に男の子の方がしゃべりだすの遅いって日本では言われておりやす。
でも発さない間にこどもはい~っぱい言葉を聞いて、頭ん中に貯金してるらしい。うちは女の子だけどべらべらしゃべらんかったけどね。
でも今や十分憎たらしいくらいしゃべります、関西弁で。
そしてうちの旦那は43歳にしてあまりしゃべりません(笑)

そのうちしゃべる、黙ってと言いたくなるくらい!



  • 2016⁄03⁄13(日)
  • 22:16

またぬるぬるしに来てください

>ゆみこさん
セルチュクハマムは金曜日だけがレディースデイですが、我がレストランは年中無休です。毎日リラックスしに来てください。

> 早く行きたい!

首を長くしてお待ちしてます。

> 次回訪問した際はそこのオリーブオイル持って帰ります!

うちのオリーブオイルは本当においしい。ご主人の5キロ減があっという間に元通り間違いなしです。

> え~、こどもの言葉の発達について。

ありがとう!自分もラマザンも全く気にしてないけど、まわりの人はやっぱりなんやかんや言うね。タハはまだ意味のある言葉はしゃべらないけどいろんなことを理解していてびっくりする。そのうちじゃんじゃんしゃべり出すと思うわ、広島弁で。ひまさんは「男脳」だよね。大物になるよ、彼女は。


  • 2016⁄03⁄15(火)
  • 00:08

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/388-979ac386