たかが毛、なんて言わせない


純白のカーリーヘアが魅力の我が家の貴公子。ぺんしょんからレストランへ引っ越し、野山をのびのびと駆け回り遊ぶことができるようになったのはいいものの、以前にも増して汚れるのが早いわ、おなもみが毛の奥に絡みつくわ、長いところはドレッド状態になってくるわで、ようしいっちょ散髪したろか、ということになったのですが、セルチュクには『ペットの美容院』なんて洒落たものはないのでいつもお世話になっている動物病院へ。そして1時間半後に戻ってきたぱむっく、車から降りるなりレストラン従業員一同にどよめきが!

みなさん、お待たせしました、これが本当の本当のぱむっくです。


スッキリッ!!!

涼しそうです。


ジューンの反応が笑えたwww

ジューン「あんた、誰?」

ぱむ「かあちゃん、ボクだよ・・・。」


これ、ほうき?

流暢な英語でいろいろ説明してくれたイケメンナイスガイ獣医師か、タハにチューしまくる女助手か、どちらの提案かはわかりませんが、しっぽはこんなファンシーな感じに仕上げてくれていました。ちなみにあずける時、「どんな感じにしましょう?」と聞かれ、ラマザン「背中だけねー、こう、一直線にモヒカンみたいに残して。」
却下してよかった。これ以上のインパクトは必要ない。


ジューンを今日買ったブラシできれいにするラマザン

似てない母子と言われ続けてきましたが、こうして見るとよく似てる。大きさは違うけど耳の形なんて全くいっしょ。
なんだかしょんぼりしているぱむっく、「なんかさみしそう、ぱむ。」とラマザンに言うと「まだ麻酔が効いてるから。眠いだけ。」毛ー切るだけなのに麻酔かけんのか、トルコ!??(暴れたのか?)


目の色はぱむっくだね(そりゃそうだ)

汚れもにおいも皆無。スッキリしました。





スポンサーサイト
category
今日のぱむっく
genre
ペット
theme
異国でわんこ

Comment

こたつと麻酔

こたつ、持ってますよー
5キロの変圧器をアキバで買って
日本から船便で運んできました。
でもね、2,3年使って、今はお蔵入り。
トルコじゃ畳じゃないから、
寝ると冷えるの。かなり絨毯に毛布とか敷いても
ダメ。で、思った。暖房用具はその国に合ったのが
必要だと。やっぱりソバよ!!
もしくは、電気カーペットかな。
イスタンのお友達の家が日本からの電気カーペットで
気持がよかった。

>麻酔
だいぶ前にケントをカットしようということになって
獣医さんに連れて行ったら、麻酔をかけてカットすると
言われ退散して来たわ。麻酔なんて、さんざん喧嘩して
傷口縫っていたからね、そんなカットくらいで
麻酔だなんて、コワイ。人間の全身麻酔は一生に1回と
言うでしょ?犬は知らないけれど・・・。
  • 2016⁄03⁄22(火)
  • 04:23
  • [edit]

アニマルライツ全く無視

どっちがいいんでしょうね、麻酔で寝てる間に刈られてスッキリと天気と人間の時間に左右される青空銭湯と。
ここでオススメするのがそのイケメンナイスガイ獣医さんにニュージーランドの羊の毛を刈る様子のyoutubeを見せてあげる事です。ぱむっくが毎回練習台になってもらいたくはないですが案外インスパイアするかも知れません。
やはり親子、似てますね。しかしながら水色マンとしてはその名の通りのぱむでいて欲しかったです。
アヤコさんのオブザベーションは間違ってないと思います。(愛玩)犬がカットが気に入らなくてドーンと落ち込むのは女子が前髪短く切られすぎたのと同じくらいショックな話です。そんな直後にラマザンさんがジューン子のグルーミングをぱむの眼の前でやるなんてダブルパンチ、酷いですよ。
ま、水色マンはハゲも好きです。(でもぱむはロン毛でいて欲しい)

  • 2016⁄03⁄23(水)
  • 01:58

こたつと麻酔

>ラム子さん
こたつお持ちですか!そうそう、変圧器って重いんですよね、ちっちゃいやつでも相当。こたつ共々持って来られたとは、さすが。
カロリフェルは電気代がばか高くって使う気になれないので、もっぱらエアコンか電気ソバ。まあ今年はあんまり寒くなかったからこれでしのげましたが、やっぱり寒い冬も来るはず。しかしあれですかね、やっぱり木造住宅ならではの暖房機器なんですかね、こたつって。底冷えするトルコの家だからこそこたつがいいかな、と思ったんですけどね~・・・。イズミルのIKEAあたりで売ってないかな。こっちで買えるなら気軽に試してみるのだけれど。自分はソファに座るのですが、タハがいつも床に座ってテレビを見ているので、こたつがあればいいな~、と。

> 人間の全身麻酔は一生に1回と
> 言うでしょ?犬は知らないけれど・・・。

はじめて聞きました~。まだ経験したことないけれど、できればそんなことにならずに一生過ごしたいもんです。散髪くらいで経験してしまったぱむっくには悪いけど。


  • 2016⁄03⁄23(水)
  • 17:18

アニマルライツなんてありませんこの国

>水色マン
ぶすっと行く前に「麻酔しますけど、いいですか?」と飼い主に聞くのが道理ってもんじゃないかと思うんですが、もう後の祭りでした。
いやー、全くその通り。昨日もおとといも元気がなくしょんぼりしているんです、ぱむ。乙女か。

>そんな直後にラマザンさんがジューン子のグルーミングをぱむの眼の前でやるなんてダブルパンチ、酷いですよ。

動物病院で購入した新しいメタルブラシを試したかったみたいです。


元通りのふわふわぱむになるまでどのくらいかかるんだろう。半年くらいかな?まあ、毛はいつかは伸びますから。


  • 2016⁄03⁄23(水)
  • 17:28

はじめまして

はじめまして。 いつも読み逃げしていたのですが、今回はコメントせずにいられませんでした 笑 もう吹き出してしまいました 笑 パムちゃん、大変身ですね 笑!! 今のトルコは緊張感でいっぱいだと思いますが、そんな中でも、笑があるんだなぁって、ちょっと嬉しかったです!!
  • 2016⁄03⁄25(金)
  • 20:01

はじめまして

> さくらさん
コメントありがとうございます。生まれて一年と四ヶ月で初めて毛をカットして、ぱむっくこんな犬だったんだー、と知りました。毛って大事ですね。髪の毛伸ばそ、わしも。
ここのとこ悲しいニュースや怒りのニュースが多いですが、のんびりとした田舎なのでいつも通りぬるぬるとした日々を送っています。コメント頂けてうれしいです。また覗いて下さいね。
  • 2016⁄03⁄26(土)
  • 17:36

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/392-9282ecc2