まかないと出前


日陰にセッティングして欲しかった

レストランへ行くと誰かがまず「お昼ごはん食べますか?」と聞いてくれるので、おなかがすいているときはまかないを食べます。だいたいこんな感じ。


トルコではヨーグルトも立派な一品

昨日のまかないは従業員のおばちゃん作のウスパナック・ボレキ(ほうれん草入りの惣菜パイのようなもの)。上手にこさえよる。


口に入る量よりこぼす量のほうが多い

ある日の出前。ピラフ、豆と野菜の煮込み、ジャジュク(刻みきゅうり入りヨーグルト)。この3つをぐじゃぐじゃに混ぜて食べるとうまい。ここにクミンシードが入ると手で混ぜて食べたくなる味。


このアイスおいしそう

昨日の夜届いた出前。トルコの容器再利用はヨーグルトとアイスクリームが定番。中身は、


ラー油が恋しくなる色

アンネ作のラムとアーティーチョークの煮込み。表面8ミリほどの油にびびるも、食べてみるとやっぱりこれくらい思い切って油を使わなければこういう味にならないのか、と納得。アンネの二の腕を思い出しながら食べ進むと、底のほうからふにゃふにゃになったパンが出てきた。お皿に入れず、鍋抱えて食べていたのだろうか。




スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

アヤコさんがポストするトルコのごはん、いつもおいしそうで食べたくなる!
ウチも容器リサイクルしてますよ。スライスハムのがちょうど良い大きさで良い。
ハーシー君、元気で見つかるといいね!
  • 2016⁄04⁄02(土)
  • 22:50
  • [edit]

フランスでもアイスの容器と白チーズ(トルコのヨーグルトと同じバケツ型、あっさりゆるくてヨーグルトみたいなのです)の容器がリサイクル的にいい感じですがアイスのほうはぺけぺけすぎかな? 汁が~。 ごはんならいい感じなんですけど。
私はジップロックのスクリュー丸形容器を日本から持ってきました。そのほうが安いんです。
本当にトルコは食べるに困らなさそう。 クルファスリエ食べたい。。。
  • 2016⁄04⁄03(日)
  • 07:10

ハーシー君もいいねチョコレートみたいで

>ROCKIN' WASABIさん
誰が決めたか、世界三大料理の一つトルコ料理。種類も豊富でどれもおいしいです。是非食べに来て下さい。いいレストラン知ってますよ。パヤマっていう。

> ウチも容器リサイクルしてますよ。スライスハムのがちょうど良い大きさで良い。

アメリカのスライスハムってどんな容器に入っていたっけ?もう思い出せない。こっちの蜂蜜の容器みたいなやつだったっけか。わけわからんよねそんなん言われても。笑

> ハーシー君、元気で見つかるといいね!
ハービー君、戻って来たらお仕置き。おいしくグリルしてあげよう。(うそうそ、親方が泣いちゃう。)
  • 2016⁄04⁄03(日)
  • 16:01

はい、アイスの容器から汁(油)漏れてました。

>カリメロさん
フランスにお住まいなのですね。素敵。フランスのゆるゆる白チーズ、食べたいなー。
ジップロックってすごく好きなアイテムです(なんか名前もカッコいい)。容器もですが、チャック付きのビニールは洗って何回も使っているのですが、これって普通ですよね。一回使って捨てるなんてもったいない作り!

日本よりもヨーロッパよりもガソリンは高いし、どこの土地も賃貸も何もかも値上がりしまくっているトルコですが、野菜と果物は安くてとびきりおいしいのが魅力。クルファスリエだって、豆と玉ねぎとサルチャ、これに良いオリーブオイルさえあればとってもおいしい一品ができちゃう。ほんと、食べるのには困らない国です。
  • 2016⁄04⁄03(日)
  • 16:21

ジップロックを1回で捨てちゃう人?

↑富豪ですか?
滞在許可書はないのでフランスには1年のうちの半年以内をだらだら過ごしているんです。
過去2年続けてトルコに1か月くらいいたんですが(イスタンブル以外はざざっと回ってしまったのでよくわかりませんが)、地下鉄もバスもチャイも値段上がっていてびっくりしました。みんなどうやって暮らしてるんだろうって思いました。
確かにパザルの野菜と果物の安さは感動ものですね、黄色い桃(ネクター?)がおいしかったなぁ。うちの母はトルコの干しイチジクとどす黒いあんずの大ファンなのでお土産はいつもそれです。
サルチャ、手作りのを一度食べてみたいです。
  • 2016⁄04⁄04(月)
  • 01:01

大富豪になってもジップロック洗うぞオレは

〉カリメロさん
生活の拠点の半分がフランスだなんて、しかもだらだらだなんて。カリメロさんはもうジップロック洗う必要のない富豪です!
いやー、ご存知の通りトルコの物価高は本当にひどい。でも、炊き出しがあったり市からストーブ用のマキが配られたり(受け取ることができる人は暗黙の了解で決まってますが)、どうにかなるのがトルコなんですよね。
スーパーではサルチャを買うことはないですねー。田舎の手作りサルチャは、味が濃く本当においしい。黄桃は、私はすりおろしてサングリアを作るんです。もうすぐ黄桃の季節、楽しみです。
  • 2016⁄04⁄04(月)
  • 01:57

田舎の手作りサルチャ

をどうにか入手できないものですかね? (ミッションインポッシブル)
ビンだと輸送中に割れちゃうかもなのでここはジップロックスクリュージャ-に詰め替えでしょうか?雑菌が入ってまずいでしょうか?
ジップロックの袋は洗って洗濯ばさみで挟んで中まできっちり乾燥がデフォ。
桜桃でサングリア、素敵ですね!でもトルコはワイン高いですよね?
ガラタ塔のふもとにあるワインバーで買った(税金の関係でしょうか、コルクの上からかかっている金属っぽい皮みたいなのをその場で剥かれました)トルコワインおいしかったなぁ。 普段のみの安い奴はカドゥキョイの酒屋で大瓶が安く売っていたのでそれを買いましたがそれならサングリア向きかもしれませんね。
フランスで嬉しいのはワインとビールが安いことでしょうか。あとバターがおいしいです。
炊き出しとか薪の無償配布とか、イスラムの助け合いが生きているのですね。
  • 2016⁄04⁄04(月)
  • 06:26

さすがよくご存知!

>カリメロさん
サルチャ、郵送可能だと思いますが(我々のレストランのマーケットコーナーでも販売中)なんせ重いんで、送料がサルチャ代の何倍もかかること間違いなしですが、ご希望であればお送りしますよ〜。代金は、無事届いたら封筒で現金を送って頂くと言う手で。(海外振り込み手数料高いので、一か八かで)

> 桜桃でサングリア、素敵ですね!でもトルコはワイン高いですよね?
安いワインでも800円とか900円ぐらい、しかも味はそれなりですねー。サングリアにしちゃえばそれほど気にならなくなりますが。
フランスは2度ほど行ったことがありますが、確かにワイン天国!安いものを買ってもまずかった覚えがないです。後はお肉。トルコもお肉はおいしいですが、料理方法が多種多様なんですよねフランス。コルシカのハムソーセージ文化にも感動しました。(思い出したらよだれが出てきた)

> 炊き出しとか薪の無償配布とか、イスラムの助け合いが生きているのですね。

そうなんですね、本来のイスラムの教えは、助け合い。何をどう間違ったのか、おかしな人たちがわさわさ出て来ていて悲しい限りです。
  • 2016⁄04⁄04(月)
  • 16:38

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/395-06a637bc