トルコのBBQは腰が痛くなる件


左のはミニ飛行場ときどき航空ショーやってます

朝晩めっきり涼しくなってきたセルチュクですが、昼間はド汗をかくくらいまだまだ真夏。

というわけで日曜日だった昨日、近くのビーチに行ってきました。


酔っぱらってハイになる犬ってどうなん?

行きの車の中ですでにイッパイやり始めるジューン。

だれに似たのか。


エーゲ海ですが周りはごみだらけです

本当はここのビーチで泳ごうかと思ったのですが、あまりの混雑ぶりに断念。

いつものパムジャックビーチに変更、近所のビーチがエーゲ海という贅沢。


なんでも木にぶら下げるのがトルコ流

いつもの定位置を陣取ってさっそくBBQ開始。


肉肉肉

今日のお肉たち。

ラマザンいつもはチキンぐらいしか買わないのに猛烈に腹が減っていたらしく4種類ものお肉を購入。ラムチョップ、アダナケバブ(スパイスの効いた羊肉のミンチ棒)、スジュク(トルコ食の定番羊肉のサラミ)、そして鶏肉の手羽先&手羽元。これでお会計〆て33リラ。(約1600円)。


もっと食っときゃよかったチキン

猛烈に焼いております。

しかしトルコのBBQ装置、足が短いのでみんな地べたに座って苦しそうに焼くというのが一般的。アウトドアチェアーと足つきBBQ台、来年の夏までには絶対どこかで見つけてやる。

買いすぎたお肉を食べきれず、焼いたチキンはほとんどペンションに持って帰ったのですが、疲れてバタンキューしてしまった間に近所の野良猫に全部食べられたという。ぴちっ!!(ほんなら冷蔵庫入れとけ)


飼い主バカ炸裂

そんなことが起こることを想像もしていなかったひととき。

さっきおしっこしてましたけど、ジューン。



スポンサーサイト
category
たまにはおでかけ
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/4-2202e5c1