ツール・ド・ターキーがやって来た


先月4月24日にイスタンブールでスタートし、本日5月1日の第8ステージで幕を閉じた、第52回、Cumhurbaskanligi Bisiklet Turu(=Presidential Cycling Tour of Turkey)。要は、国を挙げての自転車レース。地中海沿岸のマルマリスから最終地点の我らがセルチュクまで約200キロもの道のりを、外国人の方を含めたくさんの方が自転車で来られたのですが、我らパヤマ・レストランの前がルートになっており、今日はたくさんの参加者が通り過ぎていきました。


健康的な人たちと不健康的な4人組

沿道でカメラを向けて手を振ると、こんなに清々しい手放し運転でポーズをとってくれました。


自転車を止めて、いちご狩りを楽しんでくれた方々もいらっしゃいました。

どんなレース???




スポンサーサイト
category
パヤマ・レストラン
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

参加する事に意義がある

という大会だったのかも知れません。
閉会式までに完走しとけよ〜というノリとお見受けしました。

自転車は素晴らしいです。健康に良し地球に優しいかつ人を遠くに運べるのですから。清々しいですね〜、青い空にイチゴ狩りに自転車大会。よく思うのですが、学校に遅刻しそうな学生以外自転車乗ってる人って笑顔ですよね?まあプロは歯ぁ食いしばってやってますけど、さーっとクルーズ程度のライダーはめっちゃ楽しそうに乗っているのでこちらも嬉しくなります。
発明したの誰?

あの不健康な4人組の一番左の方の足の組み方が気になって仕方ありません。


  • 2016⁄05⁄02(月)
  • 07:53

ライト兄弟?

> 水色マンさん
閉会式にギリギリ間に合ったとしても、口の横にイチゴの汁つけて完走なんて、なんだかトルコらしくてますます微笑ましいですね。

>よく思うのですが、学校に遅刻しそうな学生以外自転車乗ってる人って笑顔ですよね?

必死こいて立ちこぎして、朝の時間と戦っていた学生時代をキュンと思い出しました。般若みたいな顔して自転車こいでいたことでしょう。一生懸命時間をかけた前髪とリボンはもうその時点でぐっしゃになっている。

> あの不健康な4人組の一番左の方の足の組み方が気になって仕方ありません。

えー紹介します。右端から、ブランチしに来てくれた姪っ子セリンちゃんの旦那さんで建築会社の御曹司ムラート、同性にモテモテの旦那ラマザン、ラマザンの幼馴染でレストランスタッフのアーリフ、そして器用に足を組んでいるのはレストランスタッフで唯一英語が堪能なウラシ。清々しいサイクラーとは正反対の胡散臭いトルコ人4人組です。



  • 2016⁄05⁄02(月)
  • 17:05

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/402-4c2787a1