うどん打ってみた


こうも毎日暑いと、飲んだ後にはつるつるっと喉ごしのよい冷たい麺類が食べたいですね。

帰国の際に買ってきた乾麺たち、つるつる好きのちびっこにあげていたら、え!?残りもうこんだけ?と思っていたところに、同じくセルチュク在住日本人えみさんの「うどん作るの簡単ですよー。」という言葉を思い出した。夜10時半、うどん打ちスタート。


一球入魂

小麦粉に塩水を混ぜてこねるだけ。途中から足に切り替え軽快にステップを踏んでいたら、トルコのビニール袋は薄く、わしの体重に耐え切れず1分で破れた。トルコの飲み物用ビニールカップのペラッペラというかヘニャヘニャ具合もそうなのだが、こっちのナイロンビニール製品の頼りなさスゴイ。

しかし、うどんとはこんなに簡単で、そしてこんなに原価率の低い食べ物だとは知らなかった。踏んでくれそうな甥っ子たちはたくさんいるのでセルチュク初のうどん屋でも開くか。(まずは強力なビニール袋探しから)

さーて伸ばすか、と思った瞬間、麺棒がないことに気付いた。


わしの飲酒が初めて何かの役に立った瞬間

しかし代わりになるものが目の前にあった。缶じゃなくてよかった。


切るの気持ちいい

ひたすら切る。


もうケンスイできるマッチョなタハ君

出来た。何も難しいことはなかった。ちびっこに邪魔さえされなければ。


うどん屋さんの香りがキッチンに充満

茹でた後しっかり洗って、


うどんにネギってすごく合うと気づいた42才の夏

完成。初めてのマイうどんがどんなもんか味をしっかり知りたかったので、余計なものは入れずめんつゆとネギのみ。ちゃんとコシもあってツルッとしてて感動、ちゃんとうどんになっとる!

夜11時すぎ、手づかみのちびっこに負けじと挑む争奪戦。また作る。



スポンサーサイト
category
アヤコのなんちゃって料理
genre
グルメ
theme
作ってみた

Comment

それ、いけるかも知れません

夏の風物詩のそうめん流し風にレストランでやってはどうでしょう?
お客さんに踏ませてさっと茹でて流して出す。

知り合いのフーディーに絶対に麺類はチャイニーズ以外では頼まない人を知っています。ペペロンチーノの原価を知ってるか?ととくとくと語ってくれてこいつとのダイニングはこれで最後だな、と固く決めたのを憶えています。でも実際には原価だけでなく光熱費水道代人件費と積み重なっていくわけで、ええい、ここでやめていきます。憤慨一歩手前に成ってしまいました。

水色マンは麺類大好きなので是非食したいです。
薬味はやはり刻み海苔と生姜すりおろしでしょうか?


  • 2016⁄07⁄05(火)
  • 09:47

うどん流し

>水色マンさん
新し物嫌いなトルコ人には受け入れられないこと間違いなし、うどん流し。わしとうどん大好きタハだけの楽しみとしてレストランでやってみようかな。”流す意味は??”という白い目で見られるの覚悟で。

そのMr.フーディーの言い分もわからなくもないですが、まあうちのドイツ人の甥っ子ナンバーツーのようにペペロンチーニ大好物の人もやっぱり多くいると思うので、好みはそれぞれですね。おいしいペペロンチーニにはうるさいですよ、彼。外食ではシェフのテクも値段の内です。

確かに、飲食店をやっていくには麺の具だけでなくいろいろな出費がとてつもなく多いので、原価だけを見られると悲しいもんです。

> 薬味はやはり刻み海苔と生姜すりおろしでしょうか?

その二つは欠かせません。あとはすりごまに梅干しがあれば満点。もみのりがなくても、板海苔を切って乗っけるんじゃだめなんでしたっけ。

  • 2016⁄07⁄05(火)
  • 22:45

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016⁄07⁄10(日)
  • 21:35

お久しぶりです!

>鍵コメさん
こんにちは!コメントありがとうございます。とてもうれしいです。
我が家のお花たちを手入れしながら、お元気にされているかな~、と思っていたところです。日本も暑いようですね。

うどん、職人技のようなテクがいるのかなと思っていたのですが意外に簡単で、もう3回は作りました。ちびっこにとってはちゅるちゅる食べる楽しい食べ物のようです。トルコのサルチャやスープの味よりも、お味噌汁やめんつゆの味が好みのようで、小食のOLもびっくりなぐらい食べます、タハ。

トルコ、いろいろありますが、セルチュクは素朴でのんびりとした良いところです。また機会があれば是非また遊びにいらしてくださいね。
  • 2016⁄07⁄11(月)
  • 16:08

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/416-446e2cb3