トルコではじめての誕生日を過ごす


わたくしごとで恐縮ですが、先週無事、生誕14610日を迎えることができました。

と言っても、普段と変わらず、我らぬるぺんしょんでこまごまと働いていたわけですが。

その合間に、


ドナドナ

犠牲祭のために売りに出されている羊やヤギを見に連れて行ってくれたり、(一頭800リラ、高くて買えません。)


いちおうエーゲ海

ビーチにビール飲みに連れて行ってくれたり、(砂に埋もれた車を発見したので助けてあげてました。)


ろうそく二本、やっとはたちにナリマシタ

花火のついたケーキをもらったので夜中に食べたり、(トルコのケーキ、スポンジのクオリティー悪くないヨ。)



そんなぬるぬるとした一日でした。



そしてうれしいことに、バースデープレゼントももらいました。

寒くなってきたのに夏服しか持っていないわしのために、ラマザンがセーターを買ってきてくれたのです。

これで鳥肌の日々ともおさらばだぜい、

と思ったのですが、


もうこの年だと機能重視のファッションじゃないと

いわゆるシースルーでした。

風通しバツグン。




スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/42-381cf6e2