メルト、アーミーへゆく


5月に戻ってきた兄のムスタファと入れ違いのように、一昨日、メルトがアーミーへ行きました。

我らぬるぬるぺんしょんをオープン当初から手伝ってくれていたメルト、あの頃は高校生だったメルトも立派な成人になりました。

タハとたくさんたくさん遊んでくれていたメルトは、がんぼったれのタハがギャン泣きしていても唯一泣き止ませることができる人。今振り返ると、写真はいつもタハといっしょ。


あかんぼと遊ぶのが上手なメルト

メルトが抱っこするとおとなしいタハ。


ケータイでおもしろ動画を見る二人

ケータイ電話でムービーを見る二人。


嫌がっているように見えるのがおもろい

タハに桃を切ってあげるムスタファとメルト。



セルチュクから車で数時間の場所まで母親と行き(数週間後にそこからトルコ各地への遠征先がランダムに割り当てられる)、門の前でラマザンに電話をかけ、アラビア語で「それでは、行って参ります。」という挨拶をしたメルト。ラマザンが、「メルト、君が恋しいよ。」そういうと、メルトは号泣したそうです。「あの子が大人になってから泣くのを初めて見たわ。」メルトのお母さんが、セルチュクに戻ってきてそう言いました。


ちびっこを肩車するのって男の人好きだよね

トルコに来て、ラマザンの次に長い時間をいっしょに過ごし、冗談を言い合い、一番たくさん「イェンゲ!」と呼んでくれたメルト。

元気で帰っておいで。一年後にまた会おう!




(ムスタファのときに分かったのですが、アーミーへ行っている間も年に数回ある休暇で帰って来るのでまたすぐ会えるんですけどね)


スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

ちょっと静かになって淋しいんじゃないの?あの人音楽ガンガンだったから。

次から次へと入れ替わりに送られて行く男子たちの心の中に何が駆け巡っているのかわしにはわからんけど、見送る方も複雑じゃね(特にこんなご時世じゃし)。
無事に帰って来てもらいたいもんだす。

しかしメルトおとーさんそっくり!
そしてタハ君の成長ぶりにも笑った。


  • 2016⁄08⁄10(水)
  • 05:48

好きなアーティストはニッキー・ミナージュだそうです

>アスカさん
しゅんとさみしくなりました。でも1年なんてあっという間だけれど、それまで年齢半分以下の彼に年寄り扱いされないように老け込まないようにがんばらなきゃ。

> しかしメルトおとーさんそっくり!

だんだん似てきたねー。兄はおかあさんによく似てる。

> そしてタハ君の成長ぶりにも笑った。

去年の夏のぷくぷくっぷりがすげー。しかしこうやってあらためて見ると、タハ全然わしに似てないな。誰の子?

  • 2016⁄08⁄10(水)
  • 23:48

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/423-8c10f2c5