ぬるぬる夏の味ダイジェスト


気づけば8月も終わり。この時期、思い出せない、思い出せない、、、と苦しみながら一カ月もほったらかしにしていた夏休みの宿題の日記を汗かいて書いていたのを思い出した。
先生、わしが夏休み何したかなんて知らんのんじゃけーテキトーに書いときゃいいのに。大人というズルい考えの生き物に立派に育ちました。

海水浴、今年は行かなかったなー。まだあきらめてはいませんが、たちまち今年の夏を振り返ります。たいしたことしてないんで食べたものたちをご紹介。


きれいに並べるのが食材へのリスペクト

トルコの夏野菜と言えばデニズ・ブルジェスィ、オカヒジキです。自然に塩味がする不思議な野菜。おいしいオリーブオイルをたっぷりかけてお塩とレモンと生おろしにんにくで。この2倍ほどの量で2リラ(約70円)。体が内側からきれいになりそうな味(たっぷりのオイルは無視)。


黒胡椒ホールがいい仕事してくれます

この夏もオクラたくさん食べました。トルコでは小指の先ほどのちっちゃくて柔らかいベイビーオクラが良いものとされており、キロ8~10リラするのですが、日本で売られているサイズくらいのものだとキロ3リラ、約100円。あまりにも長けているものを選ばないかぎり茹でると味は変わらない(大きいから逆にほくほく感があって良い)、そしてとにかくシゴウが楽ということに気付いてから頻繁に作ったオクラピクルス。


見た目が好き

ブラックベリー、キロ5リラ(約180円)。ラマザン、ベリー系を見かけると買わずにはいられないようで、この日もマーケットで1キロ買ってきた。おいしいけれど、かぶせが外れた元銀歯にタネが詰まって詰まって取ろうとしても爪楊枝も折れるという難儀なフルーツ。


推定5キロ

ご近所さんにいただいた山ぶどう。ラマザン「完全オーガニックだぞー。おいしくて体にいいから全部食べろ!」物には限度ってもんがあります。(このボウル、巨大です)


まるで作り物

夏も終わりに近づき、パヤマレストランのジュースバーにざくろが帰ってきました。この時期のものは、まるでイミテーションのようにきれいなピンク色。お味はびっくりするほど酸っぱい!ですが、甘味のあるものを別に仕入れておりますので、順次冷蔵庫で冷やしてご提供しています。


何時でもフライドチキンならビール飲みたい

寝ていたところを起こされた午前2時半、「フライドチキン食おう。」こんな時間に仕事から帰宅してフライドチキンとフライドポテトを一生懸命揚げてくれたので、サイコーにおいしく頂くためにビールを開ける。


なぜ反転している?

久しぶりにリクエストがあったので晩ごはんに牛テールと豆の煮込み、ピラフ、サラダを作り、ぺんしょんに逆出前を送る。好きでよく作るこれ、今回は今まででダントツ一番の出来だと思っていたら、翌日帰ったきて全くそのように言われたので、味の好みが同じというのは偶然にもしあわせなことよのうと思う。


レッチリのCan't stop

例のロボコン。今思うと、この裂けた部分を切ってから差し込んだだけなのかもしれないけれど、自分で直しちゃろう、という意志が自分にはなかった分、負けを認めるしかない。


あたまでっかちと呼ばれています

カープ優勝か!?




スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/425-bb3f3dbf