初めてのタンスープ


ある日の深夜、前回気になっていたタンのスープを飲みに行ってきました。


24時間営業って素晴らしい

よく行くこのお店、外観を撮って初めてお店の名前を知った。テキルダー出身のハサンウスタ(ウスタとは職人、レストランで言うとシェフ)レストラン。テキルダーとはイスタンブールよりだいぶギリシャ方面に行ったとこ(今調べた)。ほんに遠くからようきんさった。


待つ二人

タ「とうちゃん、なにたのんだん?」
ラ「へへ、足スープ。」


レモンが気になる

ラ「来た来た。」
タ「ひとくちくれ。」


でも食べない

タ「レモンじゃねーよ。」


深夜に一生懸命ケータイ片手に

わしが頼んだタンスープがやって来ました。ここ、いつもこんな平たいお皿でスープがやって来るんですが、これ見るといつもキツネと鶴のスープの童話を思い出す。鶴じゃなくてよかった。


スープの写真を撮る変な外国人

前回の足スープが今年一番のスープと断言しましたが、撤回。今年一番はこのタンスープです。柔らかくチャンキーなタンがごろごろ。スープ、コクがあってものすごくおいしかった。パンじゃなくてラーメン入れたい味。(次回は茹でた麺持参)




スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

タンもいいけど

いいなーっと思ったのが 24 saat açık なんじゃけど。
今度は亭主とセルフィーアップしてください。

タハ君、手が長いんですけど…

夫婦って顔が似てくるゆうけえそのおばちゃんラマザンがお父さんかー思ったとか?でも君ら全然年の差カップルに見えんよ。

  • 2016⁄09⁄20(火)
  • 06:15

今度ごいっしょしましょう

>アスカさん
こんな田舎なのに24時間営業の食堂って結構あるんです。しかも深夜とか明け方のほうが賑わっている不思議。

> 今度は亭主とセルフィーアップしてください。

セルフィースティック買わなきゃ。

> タハ君、手が長いんですけど…

気にしたことなかったけどこうやって見ると長いね。来年あたりには地面につくかな。地面にすってこすれてまた短くなる、と。

> 夫婦って顔が似てくるゆうけえそのおばちゃんラマザンがお父さんかー思ったとか?でも君ら全然年の差カップルに見えんよ。

最近ラマザン、年齢よりもだいぶ上に見られることが多いみたい。疲れが顔に出ているのか。わしがもっと若返りをはかって「あの人、あなたのおじいちゃん?」と言われるようにがんばろうっと。


  • 2016⁄09⁄21(水)
  • 16:53

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/429-f256f7bd