シリンジェ村で朝食を


朝7時半、帰宅したラマザン「朝飯食いに行こう。何分で準備できる?」寝ぼけまなこで「10分後」と答えたわしの準備中、シャワーして身支度した後、タハ起こして上着着せて靴はかせていた。何もかもテキトーだと思う気持ちは変わらないけれど、この手際の良さは悔しいけれど見習いたい。


ギリシャ人の方々のかつての学び舎です

シリンジェ村のアルテミス・レストラン。かつてギリシア人学校だった建物を改装したレストランです(某ガイドブックによりますと)。


朝日がさんさんおはようさん

2年前に両親と来たときは建物の中で食事しましたが、朝日が気持ちいいのでテラスに着席。


わしの甥っ子たち曰く「デザイナーに見えるジャケット」

他にお客様はいらっしゃいませんでした。


もくもく村

世界中からの観光客をトリコにするシリンジェ村のナイスビューですが、朝もやとソバ(薪ストーブ)の煙でよく見えません。


食洗機ないと大変だなこりゃ

セルプメ・カフヴァルトゥ(serpme kahvalti)とは、テーブルいっぱいに広げられた朝食です。ほかほかパンは3種類、焼き立てクレープも。


目玉焼きに半熟にする以外のコツって・・・

揚げパンや卵料理などのあたたかいものは時間差でやって来ます。


お会計は〆て53リラ。追加でタハに搾りたてオレンジジュースを頼んだのでおそらくそれが3リラ(だとしたら安いけど)。一人分25リラとしたら一人約820円。トルコの朝食はおもてなしの象徴。食べきれないほど出されるのが普通なことを考えたら妥当な値段だけれど、もったいない精神の国からやって来たわしは延々と食べ続けた。後半やって来た卵料理全然食べなかったラマザンに、食べないの?と聞くと、「もういい。オレの目玉焼きはこんなもんじゃねーぞ。」生卵の殻フォークで切って飲む人なので、火が通り過ぎってことか。




スポンサーサイト
category
セルチュクいいとこ一度はおいで
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/438-f7d9769b