エントリーナンバー5番


「カッパドキアで、ある日本人の旅人からヌルペンションを紹介されたんです」

もう日もとっぷり暮れたある日の晩、日本人バックパッカーのお二人が、歩いてヌルペンションまでやって来られました。

くわしくお話しを聞いてみると、お二人に我らぬるぺんしょんをご紹介くださったのは、キッチンで共に飲み明かした草野さん!!!

これこそご縁、遠いカッパドキアで我々のことを広めてくれた草野さんに感謝です!


旅人オーラ満開のステキなお二人

日の出とともに屋上で太極拳をされ、キッチンで自炊され、エフェス遺跡まで往復歩かれたという、まるで旅人のお手本のようなトムさんとサツキさん。旅人オーラ満開のステキなお二人、我らぬるぺんしょんに3泊されました。

いっしょに夜ごはんを食べたり、重油ワインをいっしょに飲んだり、そして、長く持病を患っているラマザンのお母さんに針治療まで施してくださいました。

次はボドゥルムからギリシャの島へ渡られるとのこと。

お体にお気をつけて、引き続き楽しい旅を続けられることをお祈りしています。



【私信】ラマザンのお母さんが今日、「アヤコ!手がめっちゃ軽いよ!!先生によろしく伝えといておくれ!!!」だそうです。本当にありがとうございました。




スポンサーサイト
category
遠路はるばるようこそ~日本からのお客様~
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

あのお二人、宿泊されたんですね。
三泊もされたなんて僕同様にセルチュクでぬるぬるしちゃったんでしょう!

僕はあの後カッパドキアの宿でUS$500盗まれたり、イランのバスで預け荷物をバス会社の奴にこれでもかと漁られた上、バックパックを破壊されたりと色々ありましたが、なんとかブルガリアのソフィアまで辿り着きました。

暫くぶりにビールが水と同じ値段の生活に戻ってきました(笑)。
  • 2013⁄10⁄30(水)
  • 04:52
  • [edit]

えーーーーーッッッ!!?

>草野さん
そんなことがあったんですか!?
なんだかたいへん申し訳ないような気持ちでいっぱいです。
お忙しいとは思いますが、もしよろしければどの宿に泊まられたか教えてください。(メールでお願いします)

そうなんです、トムさんとサツキさん、3泊してくださいました。ぬるぬるしちゃった、という言い方が素敵すぎる!いただきます、その表現。
ブルガリアはどうですか?
トルコは年々ビールの値段が上がりっぱなしで、来年さらに値上がりするそう。酒飲みにはイタイ話です・・・。
引き続き、お気をつけて旅をなさってください。
よろしかったらまた近況教えてくださいね!

  • 2013⁄10⁄30(水)
  • 15:08

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/44-a8e76885