大根は日本の味


大根足ってこういうこと?

こんなトルコのド田舎では日本の食材はほとんど手に入らないけれど、冬のマーケットでは大根が並ぶ。去年まではひょろっとした小さいものしか見かけなかったのに、先週のマーケットで立派なセクシー美脚大根を発見。お値段は2リラ(約70円弱)。日本でも大根ってこれくらい?の値段だったような?気がするので(ここでおねいちゃんの喝が入りそう)、トルコ野菜としてはあまり安いほうではないかもしれない。
でも買った。なぜかと言うと、この寒さでおでんが恋しくなったから。そういやこないだ同じくセルチュク在住の日本人妻えみさんにおでんの素もらったんだった。


昆布巻きがあればうれしかった

どんこ椎茸は24時間水戻し、材料の全てを別々に下ごしらえして、最後に一緒の鍋に入ってもらい、おでんの素プラスちょっと自分流に味つけ、丁寧にアクを取って煮込んだ。練り物が入らないとビジュアルはおでんにならないということに気付いたけれど、練り物なくていいし今回の主役は大根なのでこれでよし。


ラマザンに怒られるたまごの硬さ

ゆず胡椒と一味唐辛子をかけて。トルコの冬の根菜と言えばカブ。いろんな種類があってどれもおいしいけれど、大根はやはり大根。日本で大根を食べて育った我々にとっては「これこれ!」と思う味。熱燗があれば言うことないけれど、ビールがあるだけでしあわせと思うことにする。



スポンサーサイト
category
アヤコのなんちゃって料理
genre
グルメ
theme
作ってみた

Comment

せんたくばさみ

洗濯ばさみみて「えー」と言った。
何のこと? 
  • 2016⁄12⁄12(月)
  • 15:30

手元にありますか?せんたくばさみ

>名無しさん 
ようく見てください。「エー。」と言いたくなりますよ。
  • 2016⁄12⁄12(月)
  • 21:20

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/441-ca02fda6