性懲りもなく営業中


フルーツぱ~ら~的なテント色

閑古鳥ですが、おかまいなしにマーケットコーナー増築。


みんながんばれー。(ヒトゴト)

炭火焼きステージは道路から見えるところへ建て直し。


よっ!ひょっとこ!

ひょっとこタハと、邪魔されてもうれしそうな甥っ子ムスタファ。


ここはトルコ、これでいいのだ。

みんなで頑張って書いてくれたっぽい本日のメニュー。文字、ちっちぇーーー。

こういうポスター作りとかデザインは好きな方ですが、あえてやらないことにしています。理由はいくつかありますが、まあ、見てておもしろいので。


大将、星、みっっつっ!!!

先週末はご予約を頂いていたこともあり、手首折れた大将が頑張ってSulu Yemegi(=煮込み料理)の仕込みをしてくれました。
(上段左端より右へ:ムサカ(茄子と挽き肉の煮込み)、煮込みキョフテ(ミートボール)、ヤプラックサルマス(葡萄の葉で巻いたご飯)、ギュベチ(ラム肉煮込み)、ビベルドルマス(ピーマン詰めご飯)、マンタールカシャールペイニーリ(大ヒラタケの煮込みチーズのせ)、ターゼ・ファスリエ(いんげん豆のオリーブオイル煮)、オト(ノブキとディルの炒め煮)、タヴック・チョルバス(鶏肉と細パスタのスープ))

トルコ語で、Sulu(スル)は水分のある、 Yemegi(イエメーイ(キ))は料理、要は煮込み料理、みたいな意味なのですが、今日なんとなくグーグル翻訳してみたら、

ジューシーなお食事

と出た。年の瀬近くに今年一番の笑いをありがとうグーグル。


春まで洗ってもらえない異臭騒ぎ親子

ジューン「閑古鳥なのにあんなに料理仕込んで、どうすんのかしらね。」

ぱむ「ボクにはわかりまてん!(キリッ)」




スポンサーサイト
category
パヤマ・レストラン
genre
ペット
theme
異国でわんこ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/443-1249e877