人の歴史


ハンサムなババにまとわりついて射止めたそうです

マケドニア(旧ユーゴスラビア)からの移民である40年以上前のババとアンネ。この時のアンネにはもう3人の子供(ラマザンの兄たちと姉)がいたそうです。



インフルエンザや胃腸風邪が流行っている今、頻繁に病院へ行くのはやめよ、とラマザンに言われていたのですが、今朝4時半に帰宅し「アヤコ、ババの見舞いに行きたいって言ってたよね。スープ飲みに行ってからその後いっしょに行こう。」というので、あたたかい服を着込んで3人でいつものスープ屋さんへ、そのあと病院へ行きました。1時間ほど病室で過ごし、タハと二人で家へ帰宅した瞬間電話が鳴りました。ババ、享年72才。3か月の入院生活の末、旅立っていきました。家族親戚みんなが「アヤコとタハを待っていたに違いない。」と言ってくれました。

両親や姉や友人たちが日本から来るときはいつも大きな魚を釣って来てくれ、季節外れでもザクロやアイワを調達してきてくれ、病床でもいつもわしの顔を見ては「日本のご両親は元気か。」と、遠くに嫁に来たわしを気遣ってくれていました。怒りっぽくて頑固者でへんくつ、みんなからそう思われているババは、わしにとっては気配りに溢れた、ただ信念を曲げることの嫌いなやさしいババでした。


仕事を抜けて駆けつけてくれたババ

結婚調印式。


照れくさそうにタハにミルクをあげるババ

慣れない手つきでタハにミルクをあげる。「自分の子供たちにでさえやったことないよ、こんなこと。」


セリンちゃんの結婚式にて

芝生でタハと。


めちゃんこカッコいいババ

犠牲祭。


トルコの内田裕也

いつも「私の娘」と呼んでくれたハンサムなババ。しばらく、お別れです。




スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

ババさん、
季節外れのザクロと釣りたての魚でもてなしてくださったこと、
とっても美味しかったことずっと忘れません。
ありがとう。
安らかにお眠りください。
  • 2017⁄01⁄07(土)
  • 11:30

お会いする事なかった
映画俳優のようなイケメンお父様ですが
こっちまで
大切なお方と別れた気持ちになり
むしょうに
うるうるしたです。

Xのポーズまで
かっこえのさすが貫禄パパ! 
これからは遠く離れたとこから
見守ってくれてじゃろうね。

ウルウルしながらも
前記事の
ゆみこ様の極上スマイルには
たいそう癒やされました。

酒もビアーも
豪快に呑み干すかっこええ酒豪ギャル達を
(もちろんあやこ様も) 
マブダチと言える時点で
わしはなんて恵まれとるんじゃろう、
笑みこぼれると同時に
口角から
ビアーがこぼれました。


  • 2017⁄01⁄08(日)
  • 02:58

ありがとうございます

>ゆみこさん
ババがわざわざボドルムまでバイクで行って釣ってきてくれた魚、立派でおいしかったよね。
半年以上病気と闘っていましたが、今は安らかに天国でわたしたちを見守ってくれていると思います。またいつでも遊びに来てね。
  • 2017⁄01⁄08(日)
  • 18:28

ありがとうございます

>じぇさん
本当に、俳優のような素敵なババです。Xポーズの写真はわしが「ババ、手をね、こうやってみて!」とお願いして撮った一番好きな写真です。当時この写真、家族親戚の間でちょっとした話題になったんです、「厳格なババがこんなポーズで写真を!?」と。

> 酒もビアーも
> 豪快に呑み干すかっこええ酒豪ギャル達を

かっこええかどうかはわかりませんが(笑)、元気なうちはおいしく楽しく飲んでいきたいものです。また盃を交わす日を楽しみにしています。養命酒、わしも飲もうかな。
  • 2017⁄01⁄08(日)
  • 18:34

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/447-518c7f9a