食べる


やいらー!

同じくセルチュク在住えみさんと「トルコに新米ってあるんかねー。」と話した数日後「ミグロスで売ってたよ!」との情報をいただき、さっそく買いに行ってきた。鍋で炊いてみる。


新年に富士山が見られて満足

割れたら嫌だから、と大事にしまっといたおねいちゃんからの結婚祝いの夫婦茶碗。新年だし新米だし、せっかくなんで、たいそうな箱を恐る恐る開けて使ってみた、ひとりで。日本の新米のほうがもっともちもちしているけれど、ここトルコ、十分満足!おいしい!シンプルに梅干しだけでかっ込む。


砂さえなければもっと頻繁に買いたい野菜ナンバーワン

去年ラム子さんからいただいたコチュジャンでおいしいほうれん草をナムルにした。ほうれん草がとてもとても甘い。


なんか、うどんがどんどん好きになってってる。

ある寒い日の朝ごはんは、ゆみちゃんのおばあちゃまからのうどんでわかめうどん。あたたかいうどんに必要不可欠な天かすは青海苔を入れて作った。うどんは朝がうまい。


冬の一番のごちそう

甥っ子ムスタファが山で分厚いきのこを採ってきてくれた。「これってマジックマッシュルーム?」とジョークで聞いたら「イェンゲ、それは何?」と聞き返された。純粋なトルコの若者にあほなことを言う日本人がここにいる。

ラマザンは料理がうまい。みんなそう言うのでわしだけの勘違いではないはず。きのこなんか焼かせたら右に出るものはいない。しかし、わしは秘訣を知っている。分厚いきのこは特に水分が多いので、多めのオリーブオイルで強火でしっかり焼けばいいだけ、フタをせずに。外はカリッと、内にうまみが閉じ込められたおいしいきのこソテー、いや、これはもうステーキと呼んでいい。食べた後のべたべたキッチンまわりの掃除、頑張ってでも食べたい味。


芸術作品4リラ

マーケットで見つけて買わずにはいられなかったカリフラワー。ビニール袋に無造作に入れられ、車に積んで家に帰ってもご立派なトルネードは折れていなかった。4リラ(約130円)。


トルコは食べ物も赤い

まわりの茎までほくほく甘いカリフラワー、残ったきのこも入れてこってり激辛煮込みにした。あたたまる。来月の電気料金請求にびびりながら、エアコンをつけず今日も辛い料理を食べる。


ときどきレゴもかじる

食べたことないものは食べたくない食わず嫌い王、朝はポアチャ(チーズが入ったシンプルなパン)と決まっている。


もうすぐ雪まつり

器用にかじって北海道にしていた。




スポンサーサイト
category
アヤコのなんちゃって料理
genre
グルメ
theme
作ってみた

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/449-ca8c22fb