ピンチはチャンス


暗いニュースが多いここトルコ、セルチュクの宿も3分の1以上が休業あるいは閉館してしまっている状態です。が、我らぬるぺんしょん、元気いっぱい改築中。逆境に燃えるタイプか、はたまた世界情勢・経済状況を把握できていないおぽんちか(おそらくどっちも)、まあやってみようそうしよう、ということで思い切って取り掛かかることにしました。

最初は、建物内の水道管及び電気系統の配線等を交換するだけの予定でしたが、建物掘り返すうちに、もうやっちゃえ的な雰囲気になり、2階の部屋を全室改築、全室広々バストイレ付きに変えることにしました。


おねいちゃんご夫妻が泊まってくれました

7号室。バスルーム2倍化。


アスカが泊まってくれました

8号室。壁をぶち抜いて既存の共用バスルームと合体化。


バルコニーのある良い部屋になります

5号室と6号室を合体化させるため、


まるでマンガの世界

スレッジハンマーでひたすら壁をぶちこわす。隣三軒両隣、轟音が響き渡っていたはず。でも苦情は来ないのがトルコのいいところ。


マスクなしでようやるーみんなー

開通。

バスルームのなかった4号室も、壁をぶち抜きバスルーム作成中。



腹へったー!って言いながら毎日がんばってくれている若い衆たちに明日はおいしいランチを準備予定。今月中に終わらせたいので、しっかり食べてみんながんばってネー。(ほこりっぽいので遠くから応援)


スポンサーサイト
category
ぬるぬるぺんしょんってこんなとこ
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/450-f25e8d65