ミリオンショップの店主


こちらでミリオンショップと呼ばれる何でも屋さん。日本で言うところの100円均一ショップのようなお店だけれど価格はまちまち。しかしそのため品揃えは非常に豊富でこまごまとした生活必需品の大抵のものは揃う。

セルチュクの町中にあるミリオンショップは、わしがトルコに来てすぐの3年半ほど前に従業員(店主の弟)と大ゲンカをし二度と行かないと決めたため、少し遠いけれど(と言っても徒歩圏内)別のミリオンショップに行くようになった。そのお店のほうが品揃えは10倍、しかも店主の対応が何より素晴らしい。

最初に訪れた時、ふうせんかずらのツルを絡ませるための支柱が欲しかったため、わしの拙いトルコ語で一生懸命説明したところ、昭和の力士風の店主が「花屋で買うには高いしセルチュクではおそらくすぐ手に入らない。これで代用出来る。」と即答し差し出してくれたのは、焼肉用の木の串だった。


肉用の串に絡みつく我が家の植物

立派に育った。



その後訪れた時も、わしが買い物をしている間には店内で奥さんといっしょにタハの面倒を見てくれたり、帰りにタハにボールをおまけしてくれたり。笑顔はないものの、店主のその気配りに心癒されるようになり、必要なものがあると自然とその店に向かうようになった。


トルコの物価が安いと思っている貴方、それは大間違いです!

2日前。レストランで必要なものなどを買ったついでに我が家の買い物もした。
ノート1.5リラ、貯金箱5リラ、延長コード25リラ。延長コードが想像していたよりも高額だったため、レジで悩んでいたところわしのそれを察知したか、「これは正規品でコードは2メートル、3メートルなら○○リラ、コンセントに差し込むタイプの安いのもある。」と端的に述べた。こんなトルコの田舎で、商品を知り尽くしてセールストークできる人なんてトキより貴重な存在である。それでも2秒ほど迷っていたわしに「わかった、じゃあ20リラで。」と言ってくれ、お礼を言うと袋に入れてくれた。そして、「ノートは、使いな。」とおまけしてくれ、結局延長コード20リラと貯金箱5リラの合計25リラ(約750円)を支払って帰ろうとしたその瞬間、「これ入れとくから。貯まったときは全額半分こね。」と粋なジョークを言い、貯金箱に小銭をチャリンと入れてくれた。



通う。




スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

風船かずら

夏に涼しそうにゆれる風船かずら。
この寒い今咲いています?
  • 2017⁄01⁄21(土)
  • 08:21

おさるさんのようなタネ

>マダムリーさん
日本から持って来たふうせんかずらのタネ、2回目もぷくぷくとかわいいバンバイーシ(タハ風に言うバルーン)をたくさんつけてくれました。11月頭にやっぱり枯れてしぼんできたのでまたタネを採取して乾かして納めています。初夏になったらまた植えようと思います。エンゼルトランペットは、葉ばかり茂る前にまたもや残念な結果になりました。マイナス5度は乗り越えられなかったようです。。。
  • 2017⁄01⁄22(日)
  • 02:50

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/453-69bddf37