カッパドキアからのお客様


今日は曇り空、おてんとさまが出てないとさすがのエーゲ海地方も寒い寒い。

しかしそんなこっちゃ言ってらんないので、レストランでなんやかんやと働いた後みんな(甥っ子&アフメット少年&わし)でサンドイッチを食べ、さーてお次はぺんしょん、と車に乗ると、1台の車が止まった、しかも路上でなくきちんと敷地内へ入庫。甥っ子ムスタファが「イェンゲ、ご家族連れだけど、奥さんたぶん日本人だよ。」と言う。まーたまた、アジア人だからってみんな日本人なわきゃないじゃん、と思ったけれどせっかくなんで接客しようと車から降りた。
すると「あのー、ブログされてますよね?」と、日本語で話しかけられた!ムスタファ、君の勘は合っていたぞ。


こんなド田舎へようこそ

カッパドキアにお住まいのMさん(写真顔出しご了承ありがとうございました。)日本語完璧べっぴんさんのお嬢さんMちゃんに元気いっぱい御子息のD君。とてもやさしそうなご主人は快く写真撮影を引き受けてくださいました。車でのご旅行中寄ってくださったのですが「もっと何にもないところかと思ってました。」とMさん。十分何にもないと思っていたのは気のせいか。
この日は寒くって風強くって、写真のわしの顔ひきつっているけれど(大きく見えるのはそのせいです。)「カッパドキアはマイナス10度とかですよ~。(笑)」と。これくらいの寒さなんてへいちゃらなMさんご一家が輝いてみえました。


わんぱくでもいい、たくましく育つんだよ~!

息子さんのD君、石いっぱい投げてくれて、おばちゃんうれしかったよ!


Mさん、商品ご購入ありがとうございました。またセルチュクか、カッパドキアかでお会いできます日を楽しみにしています。


スポンサーサイト
category
パヤマ・レストラン
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

カッパドキアぜひぜひお待ちしてまーす🎵

いつも、ブログ楽しく拝見してます🎵アヤコさんがセルチュクにお住まいなのは知ってましたが、まさか、偶然にお会いできるとは驚きでした。シリンジェ村に上る際、なんかこの景色どこかでみたことあると、すぐにピンときて、旦那に帰り看板見ながら降りて行こうと話してて、あら、ホントにここだとビックリでした。7日間の旅行でアンタルヤから回ってた所でした。セルチュク、遺跡と海沿いの素敵な町ですね。😁。タハくん、車で長い時間待たせてしまいましたね、おりこうさんでうらやましいです。今度は温かい時期にまたきたいです。カッパドキアにもいい季節にぜひぜひ遊びにいらしてくださいね😃❗
  • 2017⁄02⁄04(土)
  • 04:45
  • [edit]

お会いできてうれしかったです!

>みゆきさん
あと数分遅かったらもうレストランを離れていたので、なんという偶然か、これもご縁ですね。感激です。ご旅行はあと3日ほどですか?カッパドキアまで楽しく安全にお帰りになられるよう。タハはおりこうさんどころか気に入らないことがあると爆竹のように道路で跳ね返ってギャン泣きする大変なコドモです。いろいろ理解できるようになるまでにはまだまだ先は遠いです。。。(一生このままかも?)
エーゲ海地方の春夏は、オリーブの木の緑が美しくブーゲンビリアがあちらこちらに咲き誇るきれいなところです。また是非いらしてください。カッパドキア、もう3年以上行っていないので、また遊びに行きたいです。またお会いできます日までお元気で!ありがとうございました。
  • 2017⁄02⁄04(土)
  • 15:29

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/455-e3b6d056