ちいさなしあわせ


この国に自動販売機があったら、お釣り出るとこに手ー入れて町中歩き回るぐらいピイピイですが、ぺんしょん改装がやっとこさカタチになりつつあり、ほっとして飲んだビールが格別においしかった今日。まだ完成していない部屋もありますが、来週末あたりには全室ご宿泊いただける準備が整います。


日当たり良好!

4号室。こじんまりとした部屋ですが、日当たりの良いバルコニーが付いております。本日より3ヶ月、長期ご宿泊のお客様がいらっしゃるということで、既存のカーテンで急遽仕上げました。


抜群のせまさが居心地良さをお約束します

4号室は、以前はバスルームのないドミトリーでしたが、バスルーム内臓に改築、シングルあるいはダブルとしてのご利用となります。


広々です

壁をぶち抜いて6号室と合体させ広々と生まれ変わった5号室、こちらにも日当たりの良いバルコニーが付いております。ちっこいですが薄型テレビもご用意しました。


うまく撮れにゃい・・・

バスルームも新しく生まれ変わりました。


バスルーム重視の部屋です

7号室はバスルームをおよそ2倍の広さに改装、その分部屋が狭くなりましたが、シングルあるいはダブルとしてのご利用であれば十分の広さです。バスルーム内部は今週中に出来上がる予定。


思い出の8号室

そして8号室。部屋の中にあったバスルームをなくし、廊下にあった共用バスルームの壁をぶち壊して一体化させたので、部屋は広々、


鏡が大きくて身支度らくちん!

両手を広げてシャワーできます

バスルームも広々、大きな鏡も配置しました。


壁という壁をぶち壊したぺんしょんを見ながら一時はどうなることかと思いましたが、どうにかなりました。残るは一階と庭周辺ですが、全体が出来上がるのはおそらく春ごろ。花々が咲き始める良い時期を目指して仕上げていければと思います。




でこぼこ道で尻がいてーのなんの

ぺんしょん改築で出た廃材を、売れないピアニスト風のラマザンの運転で、タハを含めみんなで乗っかってきゃいきゃい言いながら再利用先のパヤマ・レストランへ運ぶ。近所の方が快く貸してくれたトラクター、感謝。

贅沢できるお金はないけれど、田舎の生活には心が満たされるものがたくさんある。



スポンサーサイト
category
ぬるぬるぺんしょんってこんなとこ
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

最後の2行大いに共感!


ここでも
思いがけんハプニングだのトラブルだの
日々のウダウダ尽きんですが
何かと近所の人らに
助けてもらいよるぶん
人々の温かさ、、
ほんまゼニにゃ
代えられんですよね。

新しい家の匂いフェチじゃけ
改装したてのお部屋クンクン嗅ぎまくりたい‥
四つん這いで。

  • 2017⁄02⁄13(月)
  • 03:18

田舎暮らし仲間♪

>じぇさん
互助精神の国トルコ、特にこういう田舎だと都会では得られないちいさなしあわせがたくさんあります。じぇさんのお住まいの場所もそうですよね。
新しい家のにおい、あれ、なんですかね、ペンキのにおいかな。わしは新車のにおいが好きです。ボンドのにおいみたいな。(007じゃないよ)
  • 2017⁄02⁄14(火)
  • 15:03

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/456-08a3d017