スコーピオンを食べにチェシメへ ~前半~


ラマザンの運転で2時間ちょっと(普通は3時間弱)

今週の月曜日、急に思い立ちボドルムへと一泊旅行に出発。いつぶりかわからない休暇にわくわくうきうき。しかし、ようしもうすぐボドルムに着くぞー、というときにラマザンのケータイが鳴り、仕事でいろいろありセルチュクに逆戻りするはめに。ただの4時間ドライブになってしまい、しょんぼりと家でふてくされ飲み。
そして翌日の昼、「今日こそどっか行くぞ。ボドルム以外!」とラマザンが意気込んで帰ってきた。というわけで、前から気になっていたチェシメへ一泊で行ってきました。


ちっこいボドルムのよう

カーキチの運転だったので2時間ちょっとで到着。小さな町ですが、夏にはヨーロッパ人の観光客もバカンスで数多く訪れるビーチリゾート。ボドルムをこじんまりさせたような町並みで歩きやすそう。チェシメとは、泉という意味ですが、日常会話では水道の蛇口のこと。


入り江が美しいチェシュメ

きれいな入り江。真夏の芋の子洗う状態が目に見える。


居心地のよい狭さ

宿は予約せずに行ったので、いくつかのホテルにラマザンが部屋を見せてもらおうと交渉するも、しぶる宿多数。(ぬるぺんしょんは、ラマザンよりもうさんくさいお客様が来られてもお部屋をお見せする、お客様を見た目で判断しない宿です。)
そんな中、車を止めた瞬間すぐさま笑顔で近寄って来られ対応してくださったご夫妻が経営するホテル「ボンゴレ」。部屋を見てさらに満足。こじんまりした部屋ですが、とても広いバルコニーがあり、とにかくどこもかしこもとても清潔でアメニティも充実。シーズンオフなので朝食付きで130リラという値段も魅力で即決。進撃の小人も部屋とバルコニーを出たり入ったり忙しい。


目の前が海!

ホテルの1階で軽くランチ、隣のレストランからの出前でしたが。


袋から出しただけのクラッカーが潔い

お肉のぐるぐる巻きクリームソースとツナサラダ。ツナは缶づめひっくり返したまんまという豪快さ。


ポニーテール父子

ランチの後はチェシメの町を散策。海沿いを歩いて、


お高いお店ばかりです

ショッピングストリートへ。少々お買いもの。


トルコの海辺に城塞はお約束

トルコの海際の町にはたいがいある城塞。大好きな景色ですが、かつて、海からの攻撃を防ぐために作られたものだと思うといろいろと考えさせられます。


どっかの血管5本くらい切れとるはず

こういうものを見ると男の人ってなんで持ち上げてみたくなるのだろうか。しかし、わしも持ち上げてみた。1ミリもびくともせず。くやしい!腰めぐかー思うた。



スポンサーサイト
category
たまにはおでかけ
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

パッと見
尾道水道じゃ思わせる
デジャヴ感に
胸キュンしました。

海沿いレストランの
向こうに見えるのは
向島かなぁ♥ 


  • 2017⁄04⁄23(日)
  • 22:00

瀬戸は~日暮れて~

>じぇさん
そうなんです。思わずルミちゃんの名曲を口ずさんでしまいそうなほど、地元瀬戸内海を彷彿させる雰囲気と海のおだやかさだったんです。とはいえ海の美しさはやはりエーゲ海。きらきらしてました。
尾道といえば尾道らーめん!食べたいなー、飲んだ後の午前2時あたりに。
  • 2017⁄04⁄25(火)
  • 01:35

海沿い恋しいですー

お久しぶりです。
ボドルムに行けずともチェシュメにリベンジなんて羨ましすぎますー。やっぱり海沿いはいいですよね。そして綺麗な入江ですね^^去年初めてチェシュメに行ったのですが、ずーっとホテルが占領した入江しかたどり着かず、市民がシレーッと入れるところがわからなかったのですが、今年は娘がいるのでどこかエーゲの浅瀬に行きたいなあーって思っています。いつかエーゲ海でのんびり暮らすことを夢見つつ、働けど、働けど我が暮らし何とか、の我が家であります。iyi gunler✨
  • 2017⁄05⁄28(日)
  • 20:53
  • [edit]

お久しぶりです

>Fumiyoさん
こんにちは。お元気でいらっしゃいますか?
我が家から車で10分ほどの場所に最寄のビーチはあるのですが、波が高く潮が荒いのであまり透明度が高くないのです。遠出すると(と言っても車で30分)びっくりするほどきれいなビーチがあるので、エーゲ海はやっぱりいいなぁと思います。以前カシュだったかな?に行ったときに、Fumiyoさんが言われる通り海沿いがほとんどホテルのプライベートビーチになっているあたりの安宿に泊まってしまって、海で泳げなかった覚えがあります。海はみんなのものなのに!
働けど働けど、暮らしは楽になるどころか疲れが顔に出て老けていく一方ですが、働かないわけにはいかないのですよね~。働くのはもはや趣味の如く好きなので、それだけが救いです。
  • 2017⁄06⁄01(木)
  • 02:26

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/467-8d5d374e