スコーピオンを食べにチェシメへ ~後半~


風力発電機って好き

ショッピングの後ホテルへ一旦戻り、おたのしみの晩ごはん。スコーピオンを求めて聞き込み捜査したところ、ホテルからタクシーで7~8分ほどの場所にシーフードレストランが立ち並ぶビーチがあるとのこと。早速タクシーに乗り込む。到着したその場所は、何とも閑散としていたけれど、その分、おだやかな海とヤシの木、きれいな景色が際立って見えた。


きゃんばば

選んだのはジャンババレストラン。看板にBalik-Istakoz(魚 - ロブスター)と書いてある。これでロブスター置いてなかったらジャロにゆうてかにゃいけんところじゃったけど、ありました、我々がスコーピオンと呼ぶロブスター。お客さんゼロの巨大レストランに着席。


もしゃもしゃした草がうまかった

前菜盛り合わせ。大好きな枝付きケイパーが!こちらではカパリと呼ばれています。帰りに1パック包んでもらいセルチュクへ持ち帰りました。


タルタルもうまかった

さくさくイカリング。


海老はフツー

あまり特徴のない味と食感の海老。


ちょっとしたレモンの飾り切りがかわゆい

そしておまちかねのスコーピオン。ちゃんとデクパージュしてくれます。こんな感じで出てきたものがきれいに取り分けられ、


帰りはこのおにいさんの運転でホテルへ

テーブルの上でガーリックバターをかけてくれました。


いい手つき

わしのスコーピオン。ぺろっとたいらげた後、殻もばきばき割って二人でちゅうちゅう。次回のスコーピオンまでまたがんばって働こう。

お支払いを終えレシートを見てみると、ロブスターのことがBocekと書かれていた。昆虫という意味。


タハちゃん『サークルー!』連呼

ラマザンは靴やTシャツを買っていたけれど、わしがチェシメで買ったものは、ケーキ2個(1個13リラ)と、


風車がいつも、目印よ。

くるくる回るチェシメ風車。なぜかとても気に入り、「5リラだったら買うわ。」とラマザンに言い、お店のおにいさんに聞くと見事5リラだった。旅の思い出。


ホテルボンゴレの朝食、楽しみにしていたのだけれど、9時からとのことで断念。仕事が気になってしょうがないラマザン「セルチュクに戻ろう。」朝7時過ぎにチェシメを出発。いつまでたってもぬるぬるした旅行は楽しめない性分。



スポンサーサイト
category
たまにはおでかけ
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/468-4f3fbc59