母の日に思うこと


日本にいる時はシーバスなんて飲まなかったな~

「母の日おめでとう。」仕事を抜けてきたラマザンから、ひざまずいて手にキスをされ、プレゼントを渡された。何もいらないといつも言っているけれど、「気持ちだから。」と言われると拒めない。数か月前に買ってもらいちびちび飲んでいるウィスキー、残り少ないけれど、せっかくなので入れ替えよう。


おいしいけれど油たっぷり

「おかあさんいつもお疲れ様。」親友が、わしのお気に入りのパン屋のクロワッサンを買ってきてくれた。チャイもいれてくれた。


田舎道に突然現れるディーゼルアウトレット

自分が母である自覚なんてない。ちいさな頃から自分の中にある「おかあさん像」は、こんな人間ではまるでなかった。もっと、ちゃんとした大人だった。
自分勝手に母になったのに、おめでとうや労いの言葉をもらうのはなんだか申し訳ないような気がする。


こういうちびっこタレントいたような

事の善し悪しを間違って教えているかもしれない。どういう大人になるか、大人になった後で自分の育て方が悪かったことに気づくのだろう。最低限のやさしさを持つ大人になってくれればそれでいいけれど、そのためにはどうすればいいのかもやはりまだよくわからない。こんな気持ちのまま、いつの間にか息子が成人する日が来るのかもしれない。




スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

素敵な女性だと思いますよ

アヤコさん、初めまして。
いつも楽しく拝見しています。
アヤコさん、とても素敵な女性だと思いますよ。素敵な女性は、素敵なお母さんでもあると思います。自信を持って頑張って下さい。
  • 2017⁄05⁄20(土)
  • 22:04

はじめまして

>rieさん
コメントありがとうございます。
トルコではいろんな人が子育てを手伝ってくれるので、回りの人たちに助けられています。素敵なお母さん、自分ではよくわからないのですが、そうなれればいいです。いつか。

  • 2017⁄05⁄21(日)
  • 15:41

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/472-717ffbcb