温泉・ラムロカ・石灰棚


オレのとらっく

そういやわし、車買い替えたんですがね。
購入時ミュージックシステムが壊れていたのを直してもらったんで、せっかくなんで音楽聴きながらぶいぶいどっか行っちゃおうぜってことで、温泉浸かってラムロカでビール飲んでビビンバ食いに行くことにしました。往復約8時間のドライブを快適に過ごすため3日間かけて作った、わしリミックスUSBをぶっさし、ゆみちゃんとタハとパムッカレへGO!


これ、前からあったっけ?

まずは宿探し。パムッカレから10分ほど走ると現れる温泉町カラハユット。ラム子さんから情報を頂いていたECE OTEL(エジェ・オテル)は、部屋きれい、地下に温泉とプールあり、部屋にもバスタブと温泉が引かれており、朝食付きで1室150リラ(約5000円弱)。まずは部屋でビールで乾杯、そのあと塩素臭たっぷりのプールで3人でがんばって泳ぎ、本番ビールへの準備万端。タクシー(ただの個人の車だった)でラムロカへ。


ケント君、いい子!

ラムロカに着くと、酒飲みのわしらの心をがっちり掴む酒の肴がたんまり出てきた!鳥の唐揚げ、山芋おくら、きゅうり味噌添えなど。食って飲んでしゃべくって、最高に楽しい晩酌。買って行ったアジサイに、おととし持参したわし作のお祝い札を刺してくれたラム子さん。まだ持っていてくださったなんて、恐縮。


職人さん腕だるかっただろうな~

前は気が付かなかったけれど、ラムロカにも石灰棚が。


宿に持ち帰った海苔巻

予定どおりビビンバも食べたけれど、一生懸命飲んでいたので写真はこの肉入り海苔巻のみ。どれもこれもとてもおいしくいただきました。


犬に乗りたい気持ちはわかる

乗っかってすみません。


ソファーに立ってすみません

店内でパラパラ踊ってすみません。


ひっそりとしたパムッカレの夜

遅くまで長居してすみません。そろそろ宿へ戻ります。


雪ではないので寒くはありません

翌日。石灰棚へ歩くゆみちゃんとタハ。白いのは雪ではありません。入場料を払って中へ入ろうかどうしようか真剣に悩みましたが、ちびっこがおとなしく歩けるとは思えなかったので断念。


腹ぱんぱん!

というわけでまたもやラムロカへ。チャーハン、焼きそば、春巻きという完璧な中華ランチ。



おいしいお食事をありがとうございました、ラム子さん。忘れて帰ったタハのおもちゃが、またパムッカレへゆけと言っているような気がします。


スポンサーサイト
category
たまにはおでかけ
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2017⁄07⁄09(日)
  • 07:09

はじめまして

>鍵コメ様
詳しくはメールでやりとりさせて頂きたいと思いますが、当方ビンボーひまなしなもんで、即答が不可能な日もあると思いますが、お力になれればと思います。ご連絡、ありがとうございます。
  • 2017⁄07⁄10(月)
  • 03:47

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/475-6e2598a0