スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

トルコの物価高に感じること~犠牲祭2017


ありがとうヤギ君

1月に亡くなったラマザンのババに捧げるため、クルバン(犠牲動物)を買いました。ひと目で気に入ったこのヤギ、200リラまけてもらって900リラ。2年前にこれよりももっと大きなヤギを買ったときは値切り交渉後で700リラだったはず。何もかも値が上がり続けているトルコ。また来年もクルバンを買えるようにしっかり働こう。


タハに積極的にアプローチしていた彼女

と思っていましたが、とりあえずホリデーなんでお出かけすることにしました。ボドルムへ一泊旅行。
はじめてボドルムへ二人で行った2013年に泊まった宿を訪れてみたけれど、当時とは違うオーナーになっていた。じゃあ、2015年にみんなで泊まった宿に行ってみよう、ということになったのだけれど、着いてみるとここもまたオーナーが変わっている。なんだかしれっとした女性たちがしれっと働いていた。2年前のあったかい初老のご夫婦のオーナーに会いたかったのに。しかし他を探すには時間も時間だったので一泊することに。SADE PENSION(サーデーペンション)。小さなダブルの部屋で200リラ。2年前と違いペンション全体や部屋の管理があまりよくなく残念だったけれど、自分たちへの勉強代を払ったと思うことにする。


暗うて食べ物よう見えん(老眼鏡必須)

夕食は4年前に行った同じレストランでシーフード。ボドルムなのにラマザンはおかまいなく肉食ってた。


日本でたこ足3本なんて380円くらいじゃない?

わしが頼んだタコのグリル。3本ほどが仰々しく盛りつけられていた。おいしかったけれど、日本円で約2000円というトルコでは驚愕の値段。

翌朝、朝食は9時からだと言うので、断念して朝7時すぎにボドルムを後にする。ぺんしょんに急な団体のお客様が来られることになったから。



2013年に行ったときには、子供と3人でまた来るなんて想像もできなかったけれど、あのとき想像できなかった未来に自分がいる。まだまだ楽しい未来に自分をつなげるためには、トルコの物価高についていけるほどがんばって働かないといけないことを痛感した旅だった。




スポンサーサイト
category
たまにはおでかけ
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/486-aae90730

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。