スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

誕生日に学んだこと


プレゼント買ってきたら許さん、といつも言っているのですが、ラマザン「誕生日じゃないか、ケーキだけでも。」と。ケーキもいらんと言うと、「そんな草みたいな人生でいいのか!」て言われた。草で結構。トルコじゃ雑草だって立派な商品じゃんか、パザルで。


パンとビール、腹膨らむコンビ

物は要らないけどサンドイッチを買ってビーチへ行くことにしました。「ビールは買ってもいい?」と聞いてきたけど、いつも言ってるではないか、お酒はプレゼントに含まれません、と。

途中、車をとめるラマザン「アヤコ、アイワ一個盗んで来て。」言いだしっぺが首謀者、ゆえにわしに罪は(ほぼ)ない。まわりに誰もいないのを確認して畑に入り、良さそうなアイワを吟味していたら「アヤコ、盗みはスピーディーにが基本だ、とろとろするな!」と言われた。わし、44歳の誕生日に泥棒の極意を教わるとは思わなんだ。


めちゃ寒なのに泳いでいる人がいた


飛んでいっちゃいそうなタハ

さっむいのに腰まで海に入って遊んだ二人のどろどろの服を家で洗っていたら、ぺんしょんからラマザンが帰ってきた。「熱いお湯は出るか?バスルームでちょっとチェックしてくれ!」ぺんしょんでシャワーしたって言ってたのに?と思いながらも蛇口をひねりチェック。「フツーに出るけど。」と、キッチンに行ってみると、


タハもでっかくなるんだろうな

トルコ人たちが笑顔で立ってた。


モチーフは、時計?

左から二人目のオウズ氏は今パヤマレストランでシェフとして働いてくれているのですが、パティシエだったらしく(はじめて知った)、手作りのケーキを持ってきてくれました。


指でつつきなさんな!

サプライズ成功~、とうれしそうなみんな。ようこっそり入って来たね~、と笑いながら、何もいらないって言ったけど、大の男たちがコーラ飲みながらケーキ食べるという時間はやっぱり、おもしろく楽しくありがたい。


ルッコラに巻いて

誕生日の夜は、岡山から銀座経由でトルコまでやって来たとっておきのどぶろくを開けようと企んでいたのだけれど、やっぱりなんかもったいなくて開けられない。1リットル13リラ(約400円弱)の赤ワインと共に、おつまみはちょっと贅沢に、一味唐辛子キューピーマヨネーズと焼肉のたれで肉を食う。


もう寝ようかと思っていた頃にまたラマザンが迎えに来た。深夜のパヤマレストランへ行き、また飲み、遊び、泊まる。翌朝、きらきらと朝日がまぶしい中、シェフが用意してくれた朝食をみんなで食べ帰宅すると、停電していた。夕方の6時まで続いた。



スポンサーサイト
category
ぬるぬるな日々
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

祝・貫禄バースデー!


イキなサプライズに
中年顔がほころびました。

おいらの国も
誕生日やたら盛大に祝うの基本ですけ
ほっといてくれてもエエのに
大抵サプライズ仕掛けられます。憎めんです。

確かタハくんの誕生日も
今月じゃったかな?

ケーキをコークで流し込めるの
凄い!(うちのおっさんも よぉするけど)

今宵はぜひどぶろくで
Cheers☆
  • 2017⁄10⁄10(火)
  • 04:41

おめでとうございます!

健やかないちねんになりますように!
  • 2017⁄10⁄10(火)
  • 20:46

13TLとは

1リットル13TLのワイン売ってるんですか~?
クシャダスで1リットル19TLが最安値と思ってました。
もっと探さねば・・・

お誕生日おめでとうございます。
1973年ですか?主人と同じです。
  • 2017⁄10⁄11(水)
  • 01:16

ありがとうございます!

>じぇさん
中年顔なんて、冗談はよしこさんにしてください。じぇさんお肌つやつやじゃないですか。あ、わかった、ビールのおかげだ。

サプライズ仕掛けられるのってうれしいんですが、ほら、わしってぴゅあないい人じゃないですか~。大げさにびっくりして喜ばないといけないような気分になっちゃうんですよね。憎めないトルコ人たちなんで。

> 確かタハくんの誕生日も
> 今月じゃったかな?

おかげさまで、誕生日まで後10日を切りました。ハラキリしたのが昨日のことのような気がしますが、10年ほど前のような気もする不思議。

> ケーキをコークで流し込めるの
> 凄い!(うちのおっさんも よぉするけど)

まじでこれだけはいまだに理解できません。

> 今宵はぜひどぶろくで
> Cheers☆

実は、今から開けようかと思っとります。大人のカルピス。
また、じぇさんと乾杯出来ます日を心待ちにしながら今夜は飲もうと思います。


  • 2017⁄10⁄13(金)
  • 02:11

ありがとうございます!

>ゆみちゃん
すこやか、なんていう言葉が日本一似合わんわしに、素敵なコメントありがとう。わしの血どぶろくよりどろどろじゃから。

会いたいよ。次のゆみちゃんの誕生日までに、会えるかな?
  • 2017⁄10⁄13(金)
  • 03:20

ありがとうございます

>ダル母さん
こんにちは。お元気でいらっしゃいますか?

13リラと書きましたが、実際は12.89リラでした。しかしこれは、メトロというドイツ系会員制スーパー(クシャダスにもあり、今回もそこで調達しました)で、安売り限定商品を1ダース買ったときの1本当たりの値段です。なので、クシャダスの街中のスーパーではおそらくこの値段では買えないです。役に立たない情報ですみません~。

ご主人さまも73年生まれなのですね。73年はいい年です。そして、おいるしょっくを乗り越えましたから。
  • 2017⁄10⁄13(金)
  • 03:55

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2017⁄10⁄20(金)
  • 11:46

こんにちは

>鍵コメさん
初めまして。ご連絡ありがとうございます。
トルコの治安は、色々とニュースになることが多く不安もおありかもしれませんが、セルチュクはエーゲ海に面したのんびりとした町で、トルコ内でも比較的女性一人旅にやさしい場所だと思います。ちいさな町ですが、世界遺産となったエフェス遺跡やシリンジェ村などを訪れる観光客が多いので、外国人に対してオープンなのも良い点です。
トルコ国内からお越しでしょうか、それとも日本からでしょうか。旅で注意するべき点(貴重品の管理・夜中にひとりで出歩かない、等)はどの国どの町でも同じだと思うので、基本的な自己管理をされておられれば女性おひとりでも問題ないと思います。わたしも最初に旅でここを訪れた時は一人でした。
料金や場所などは、非公開でまたメールアドレスを記入いただいたコメントをいただければ、メールで詳しくご説明させていただきます。ご都合もおありかと思いますが、おすすめの時期は春(5月)と秋(9月10月)です(冬は雨風が強く、夏は40度を超える日も多くありますので)。見どころも多く、食べ物もおいしいセルチュクに、是非遊びにいらしてください。

※追記
Eメールアドレス、見逃しておりました。申し訳ありません。のちほどあちら宛てにEメールを送らせていただきます。

  • 2017⁄10⁄20(金)
  • 20:55

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/490-6eb3ea85

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。