FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

注文の多い、出前を食べる専業主婦


トイレに座っていてもシャワーしていても、おかまいまく呼び鈴が鳴る。思いつきで生きているトルコ人に対応するには、頭しゃんぷうだらけでもすました顔してドアを開け、目に泡が落ちてきながらも笑顔でテシェキュレデリム。居留守など使わない。自分が呼んだわけではないけれど、出前が来たのだから。


ラマザンのオハコ

カリフワラーのオリーブオイル炒め(&パン1本)。この国にやって来てからもう何度も食べているラマザンの定番。来た頃と比べて塩の量が劇的に少なくなった。彼も年くって口が変わったのか、あるいは塩足りんかったら後でかけれるって今さら気づいたのか。


見た目どおりの味と申しましょうか

ゆで卵とスジュクのサンドイッチ。噛み心地の違いすぎる食べ物を一緒に食べるって、ちょっとこう、腹立たしい食べにくさというか。要はサンドイッチにはうっすくスライスされた焼きスジュクって硬すぎるってことなんです。ちなみに同じ理由でアワビの握りが嫌いです。おごりなら5カンほど食べておきますが。


ベジタリアンの甥っ子2号、セルチュクへまたおいでよ!!

野菜3品。緑の2種は同じ野菜(野草)の茹でたのと炒めたの、右下のぺにゃぺにゃしたのは、夏野菜(保存食)を乾燥させたものを水戻ししてオリーブオイルで炒めたもの、おそらく茄子と赤ピーマン。これだけの量の同じような味の油たっぷり野菜の出前が来る。ラマザンの料理は相変わらずおいしいけれど、アンネの足首を思い出すと、なかなか箸がすすまない。


マイベイビー、メイビーブルー、まだ生きてる(1曲作るか)

雑草や乾燥野菜ばかりの出前が続いたと思ったら、いきなり渡り蟹来た。まだ生きている。アフメット少年のお父さんが海で捕まえたらしいのだけれど「食べ方わからないけど、イェンゲなら知っているはずだからあげて。」とラマザンに託したらしい。


ゆみちゃんちの蟹にはかないませんがね

エーゲ海の蟹が日本人によって塩茹でにされた。蟹酢も作ってむしゃむしゃほおばる。いつ以来のカニだろう。

そしてこのとき以降、立て続けに3回蟹がやってきた。たっぷりの子持ちも堪能した。そして先日の連続飲み会最終打ち上げの日にも届いた蟹もほぐしまくって、


生姜が味の決め手!

蟹玉あんかけ。

おいしかったけれど、指がまだ蟹くさい。
持ち帰ったキムチで冷蔵庫もくさい。


きっと、しあわせなくささに包まれている。
と思いたい。



スポンサーサイト
category
アヤコのなんちゃって料理
genre
グルメ
theme
作ってみた

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/498-7840d943

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。