スジュクのおいしい食べ方


「今日の昼メシは、ビーチでサンドイッチ食おう。」

ラマザンの突然の提案で、行ってきました近所のエーゲ海。


誰のテーブルか知りませんがちょっとお借りします

サンドイッチと言っても買って行くのではなくその場で作ります。火をおこして、


暑くなったらしい

トルコのソーセージ、スジュクを日本の実家から盗んで来た金串にぶっ刺し、(だって使ってないでしょ!)


近くに蛇の死骸がありました

炭の上に直接置いて焼くのがラマザン流。これがホントの直火グリル。


シンプルイズザベスト

これをパンにはさんだだけのなんてこたーないサンドイッチですが、香ばしくってあつあつでおいしいです。
ちなみに、サンドイッチの写真を撮ろうとするといつもパンを開いてくれるようになりました。


立ち食いカフェ

帰り道、クシャダスのスターバックスでコーヒーとケーキを買って、景色のよい場所に止まって3時のおやつ。もちろんおいしいですが、もうちょっと安くならないもんですかね、スタバ。



スポンサーサイト
category
ラマザンの男の手料理
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/74-16b3d652