おなかいっぱいになるとやりたくなること


ラマザンババが、

山へ行ってはそれはそれは立派なきのこを採って我々のぺんしょんまで届けてくれます。


ヘルシーなのかアンヘルシーなのか

ラマザン作きのこソテー。

自家製オリーブオイルでガーリックと玉ねぎをじっくり炒め、大き目に切ったきのこを炒め塩で味付けしただけのシンプルな一品ですが、これが本当においしい。これだけの量があっても、3人もいればあっという間になくなります。



おなかがいっぱいになると眠たくなる人は多いと思うのですが、おなかがいっぱいになるとがむしゃらに働きたくなる人、ラマザン。

キッチンのシンクと配管の繋ぎ目をシリコン埋めしよう、ということになったのですが、その前に下の配管を全部外して洗おうと言い出し、


わしも入りたい~

親友イボの手も借り、まるで年末大掃除。

築30年、誰も外したことがなかったであろうことが一目でわかるほどのヘドロが!山のように!!




それにしても、いやー、働く若者をはたから眺めるってのはいいもんですね。(つまようじで歯をシーシーしながら)




スポンサーサイト
category
ラマザンの男の手料理
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/75-f9315644