トルコでクリスマスツリーを飾る


ぬるはばー。

セルチュクもだんだんと寒くなってきました。

もう12月ですもんね。

そう、12月。

12月と言えば、クリスマス。

というわけで、クリスマスツリーを買いに行ってきました。




え?

ここイスラム教の国じゃないんかって?

「クリスマスツリー?いいじゃん、買おうぜぃっ。植木屋ちぇきら!!ツッタ!ツッタ!」(←踊る)

と、この国の人が言っていたので問題ないでしょう。


別に顔作んなくていいから

大きな木と小さな木がありましたが、

どちらにしようか迷いませんでした。

大きいほうが割安なのにカタチがよかったので。

ホントの理由は・・・、

やっぱり大きいほうがいいよね!ね!!みんなもそう思うよね!!


おばちゃんの腕っぷしがあっぱれ

もちろん配達サービスなんて気の利いたもんはありません。

おばちゃんが、まわしを掴んだ関取に見えてしかたありません。


やってみると意外となんとかなるもんです

ざぶとん投げたくなりました。

そして、ヤワシヤワシ(=ゆっくりゆっくり)我らぬるぺんしょんへ連れて帰った、ほんのりレモンの香りがするクリスマスツリー。


これじゃさみし過ぎる!!

日本の100円ショップで買いそろえた飾り、どう考えても少なすぎました。

これじゃあまるで、すかすかおせちです。

ラマザン「セルチュクでもクリスマスの飾り、買えるとこある。今から行こう。」

というわけでそのお店に行ってみたのですが、クリスマス商品の入荷は12月15日から、と。

10日間しか飾らないの?トルコのクリスマスツリー!!??






スポンサーサイト
category
ぬるぬるぺんしょんってこんなとこ
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

トルコのツリーは、クリスマス用って言うよりは、正月用なんですね。クリスマス=正月と思ってるトルコ人も多いし。年末に向けてツリーがどんどん出て来ますよ。
  • 2013⁄12⁄01(日)
  • 02:17

こんにちは!

ツリー、見た感じ、欧米にあるモミの木と異なるように見えますが、同じ針葉樹の類のようですね。レモンのような香りがするなら、お部屋に置くだけでも自然の芳香剤みたいでいいですよね。

昨日、買い物に行ったところ、クリスマス用品が結構売っていたので私もビックリしました。日本と同じで、クリスマス商戦とまで行かなくても、ここらで一儲けというビジネスっぽさがあるのかなと思いました。でも、楽しいならそれはそれでいいかなと思います。
  • 2013⁄12⁄01(日)
  • 17:12

はじめまして

>マカルナさん
コメントありがとうございます。
なるほど、お正月用なのですね。それで納得がいきました、まだ早すぎるのか。ということは、クリスマスツリーというよりは、角松的な。しくったー、お正月用の飾りも日本で調達してくればよかったー。「今買わなければどんどん高くなる」と言ったラマザンの言葉にもそれで納得。どちらにしろ、早く買っておいてよかったです!
  • 2013⁄12⁄01(日)
  • 17:37

おなかがすくにおい

>I love 海さん
そうなんです。針葉樹なのでコニファと呼ばれる一種だと思うのですが、植木屋さんでさえちゃんとした名前は知らなかったのでよくわかりません。(笑)
レモンの木ではないことは確かなのですが、葉っぱからレモンというより、あの、タイ料理なんかによく使われるレモングラスのとてもいい香りがするんです。乾燥させてカレーでも作ってみるかな。
トルコでも、若者はクリスマスパーティーなんかもするらしいので、確かにグッズの需要はかなりあると思います。そちらのあたりではクリスマスグッズがもう売り出されているのですね。うらやましいなぁ。あと2週間、すかすかツリーのまま・・・。


  • 2013⁄12⁄01(日)
  • 17:45

手作りオーナメント

昔、学生時代にポーランド人の講師からドイツ語を習っていたのですが(もう全然覚えていなくて、”さようなら”だけドイツ語で言えます)、その時に、オーナメントを家庭で作る話をしてくれたことがあります。

なんでも、胡桃など、木の実をアルミホイルとかで包んで紐をつけて吊るすとか。初めて聞いたときは「え?」なんて思ったんですが、でも、色紙とか手芸用品などで結構作れそうだと思い、やってみたいなーなんて思いながら何年も過ぎてしまいました。どうでしょう?トルコ、胡桃を始め、いろいろ木の実があるから使えるかも…と思ったのですが。
  • 2013⁄12⁄01(日)
  • 19:47

ダンケシェーン!

>I love 海さん
手作りオーナメント!考えていたんです、それ。
我らぬるぺんしょんには、大きな大きな松の木があって、巨大な松ぼっくりがぼっとんぼっとん落ちてくるので、それを飾りにしようかな、と。
しかしラマザンに「中にようけ虫がおるけー触るな。」と言われてまして。もっぱらソバの燃料となっています・・・。
ミリオンショップと呼ばれる何でも屋さんがあるので、そこでちょっと作れそうなものを探してみようかと思います。一番の問題点は、世界一不器用な自分が何を作れるか、ですが。

余談ですが、うちの父は昔インド人から英語を習っていました。
本当にどうでもいい情報ですね。

  • 2013⁄12⁄02(月)
  • 18:31

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/76-7a0f937b