肉肉しいサンドイッチがこのお値段で


セルチュクは、

人口約35,000人のとても小さな町ですが、

トルコでも有数の観光地にふさわしく、おいしいレストランやロカンタ(食堂)がたくさんあります。

しかし今、我々の間でアツイのが、

隣村ベレヴィの、とあるサンドイッチ屋さん。


小屋です

寡黙で誠実な店主の性格が表れているような、清潔かつ必要最低限のものしかないという、なんともいさぎよい店内。

ラマザン「何の肉を使っとるかわからんようなレストランは、店主の人柄で解かる。」


・・・万が一、店主が悪人だったとしたら、

一体何の肉を出すのだろうか、この国では。


具だくさん

オーダーを受けてから焼いてくれるチョプシシ(羊の串焼き)とキョフテ(ミートボール)、切り立ての野菜がたっぷり入った巨大なサンドイッチ、間違いないおいしさです。

付けあわせにカリカリ唐辛子も付き、アイラン(飲むヨーグルト塩味)も3杯ずつほど飲み、

気になるお値段ですが、

13トルコリラ(約650円)、

もちろん二人分です。

セルチュクに移転してくれるとうれしいのですが、そうなると土地代が高いので値上げ、とかになるのでしょう?

ファンになったこちらの負け、ガソリン代払ってこちらから出向くことにします。




※ベレヴィ村へはオトガルからミニバスも出ています。焼きたてのギョズレメ(トルコクレープ)が食べられる露店も出るマーケットの立つ日曜日に訪れてみてはいかがでしょうか。



スポンサーサイト
category
たまにはおでかけ
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/82-73385d0f