トルコのおいしいチーズ


ある日のお昼どき、

ぺんしょんのことを何かとばたばたとやっていたら、

いつの間にか帰ってきてたラマザン「お昼ごはんできたよー。」


すんげーネギ

今が旬のプラサ(リーク)の卵とじ、冷菜盛り合わせの上にかかっているのは粉状のチーズ、チョケレッキ。水分の少ないカッテージチーズのような味。ラマザンのおばさん夫婦はでっかいトレーラーでチーズを売る専門店を営んでいるため、新鮮でおいしいチーズやバターが安く手に入るのです。


いつも鍋ごと卓上へ運びます

これもその粉チーズを使ったセルベスト家の定番、オリーブオイルと甘いししとうと辛いししとうをたっぷり加えて炒めたもの。このチーズ、とてもおいしいのですが足がはやいので買った次の日くらいまでにはたいらげないと、冷蔵庫がすごいにおいになってしまいます。
ちなみに、左のはアヤコ作菜っ葉のごま和え。オイルを全く使わない野菜が食べたかったので作ってみました。

もちろん、「ごま和えの素」ですけど?




スポンサーサイト
category
ラマザンの男の手料理
genre
海外情報
theme
トルコ

Comment

non-title

胡麻和えの素なんてあるの?見た記憶がないんだけど。
今度スーパーで探しみよう。
  • 2013⁄12⁄10(火)
  • 21:52
  • [edit]

味は正直フツーです

>A&Nさん
外国にお住まいの方には重宝するかもしれませんが、お醤油とかごまとかが難なく手に入る日本ではあまり買う意味がないかもです。あ、ゴマすりがないおうちの方にはいいと思います!
  • 2013⁄12⁄11(水)
  • 15:58

ごますり

ごますり、あまり得意じゃないので人生苦労しました。
  • 2013⁄12⁄11(水)
  • 17:37
  • [edit]

手のひらでぐーをくるくる

>A&Nさん
ごま和えの素があればよかったですね。
  • 2013⁄12⁄13(金)
  • 23:11

Trackback

http://nurpension.blog.fc2.com/tb.php/84-2fc724f1