Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

トルコの物価高に感じること~犠牲祭2017


ありがとうヤギ君

1月に亡くなったラマザンのババに捧げるため、クルバン(犠牲動物)を買いました。ひと目で気に入ったこのヤギ、200リラまけてもらって900リラ。2年前にこれよりももっと大きなヤギを買ったときは値切り交渉後で700リラだったはず。何もかも値が上がり続けているトルコ。また来年もクルバンを買えるようにしっかり働こう。


タハに積極的にアプローチしていた彼女

と思っていましたが、とりあえずホリデーなんでお出かけすることにしました。ボドルムへ一泊旅行。
はじめてボドルムへ二人で行った2013年に泊まった宿を訪れてみたけれど、当時とは違うオーナーになっていた。じゃあ、2015年にみんなで泊まった宿に行ってみよう、ということになったのだけれど、着いてみるとここもまたオーナーが変わっている。なんだかしれっとした女性たちがしれっと働いていた。2年前のあったかい初老のご夫婦のオーナーに会いたかったのに。しかし他を探すには時間も時間だったので一泊することに。SADE PENSION(サーデーペンション)。小さなダブルの部屋で200リラ。2年前と違いペンション全体や部屋の管理があまりよくなく残念だったけれど、自分たちへの勉強代を払ったと思うことにする。


暗うて食べ物よう見えん(老眼鏡必須)

夕食は4年前に行った同じレストランでシーフード。ボドルムなのにラマザンはおかまいなく肉食ってた。


日本でたこ足3本なんて380円くらいじゃない?

わしが頼んだタコのグリル。3本ほどが仰々しく盛りつけられていた。おいしかったけれど、日本円で約2000円というトルコでは驚愕の値段。

翌朝、朝食は9時からだと言うので、断念して朝7時すぎにボドルムを後にする。ぺんしょんに急な団体のお客様が来られることになったから。



2013年に行ったときには、子供と3人でまた来るなんて想像もできなかったけれど、あのとき想像できなかった未来に自分がいる。まだまだ楽しい未来に自分をつなげるためには、トルコの物価高についていけるほどがんばって働かないといけないことを痛感した旅だった。




category
たまにはおでかけ

みなさまのおかげです


タハのたまごのため、お知恵を貸してくださった方々どうもありがとうございました。早速試してみました。

せっかくオリーブオイルのおいしいところに住んでいるので、まずは「オイルを垂らしてみる」をやってみました。我らパヤマレストランにて大好評販売中のエクストラヴァージンオリーブオイルを小さじ1杯ほど注いでみたのですが、たまごがするする動くようになってきた!のはいいのですが、ちょっとずつちょっとずつ奥の方へ落ちはじめた。

作戦変更、「お湯に入れる」。お茶碗にあたたかいお湯(約50度)を入れその中へ入れてみました。あつあつのレゴを取り出すと、パヤマレストラン売れ筋商品ナンバーワンのオリーブオイルのおかげでいい香りが立ち上がり思わず塩かけてかじってしまいそうになりましたが、レゴが熱いうちにナイフの先っちょでぐりぐりやると、お湯のおかげでやわらか~くなったレゴがちょっと開き、無事たまごを取り出せました。


いちおう成功だと思う

これくらいなら壊れたうちには入らないと思うことにするけれど、昨日の今日でもうこのレゴとたまごの存在を忘れたっぽいタハ。

子どもって。




category
ぬるぬるな日々

お知恵拝借願いたい


器用に入れたなしかし

2個あったタハの大事なたまご。
ひとつはタハが産んでしまいおさらばしたのですが、残りもうひとつがレゴの裏側に入り込んでしまってどうにもこうにも取れない。試したのは、

◎叩いて落とす→しっかりはまってて落ちない
◎安全ピンで引っ掻き出す→しっかりはまってて出てこない
◎吸う→しっかりはまってて出てこない
◎レゴを壊そう→レゴも大事らしいタハぎゃん泣き


レゴ命

レゴを壊さずにたまごを取り出すアイデアをお持ちの方、いらっしゃいませんでしょうか。

(お礼はぬるぺんしょん無料宿泊券ぐらいですが)


category
ぬるぬるな日々

エーゲ海の五つ星リゾートホテルへ


あの時のわし、そうとうがっくりして見えたのか、先週のある朝突然帰宅したラマザン「オズデレに行こう。」
行かないよ、どうせまた満室だし、と言うと、「もう予約した。」知り合いのツテで破格値で予約出来たらしい。そりゃ行くっきゃない。


真夏でもマイ毛布は手放せません

アンネとアンネ妹も誘い、いざ出発。誘ったはいいけど払ってあげる余裕などうちにはないので割り勘という親不孝一泊旅行。


天井高い!

あっという間に到着。Ozdereのホテル群の中でセルチュクから一番近いリゾートホテルAria Claros。この広いロビーの奥には、




朝から晩まで飲み放題のテラスバー。眼下に広がるビーチやプールも全てこのホテルの敷地内です。


息子よ、なぜ何も食べない?

チェックイン、よよよ、4時?仕方ないのでまずはランチ。このホテルはオールインクルーシブなので、ビュッフェの食事とドリンク類は宿泊料金に含まれています。たちまちビール1杯を飲み干しおかわりしに行くと、「2時半で終わりです。」そこをなんとか、一杯だけでも!とカウンターにかじりつく必死なアジア人、苦笑いされる。しょんぼりしてテーブルに戻ると「オレが行ってくる。」戻って来たラマザンの手にはビールが3杯。そしてレストランのマネージャーが笑顔で挨拶しにやって来た。ラマザン「ここのマネージャー、知り合いだった。」トルコってズルい国だ。(ビール飲めたからいいけど)

※テラスバーやビーチバーでは一日中飲めます。


メロンがただの飾りなんて贅沢すぎる

前菜だけでもこの3倍ほどの種類があり、お肉や魚、焼き立てピデのコーナーなんかもあります。料理の種類は非常に豊富ですが、どれもこれも大型ホテルっぽい無難な味。あと、広すぎて歩き回るのにくたびれます。


オリーブ好きにはたまりません

しかし、エーゲ海地方ならではのオリーブの品揃えの良さはうれしい。




さて、チェックインを早めにしてもらえたので早速お部屋へ。アンネたちは普通のオーシャンビューのダブルでしたが、せっかくなんで我々はこのホテルで一番いいお部屋にしてみました。キングスイートです。


この景色がたまらなく好きです

マッサージに行きたいラマザンと、部屋でまったりしたいアンネたちを置いて、カメさん浮き輪を持ってタハとビーチへ。


おかげさまでもうすぐ3才です

楽しい場所へ行くのがわかるのか、焦って転んで頭からころがっていきそうなほど走る走る。ビーチで遊んだあと、生まれて初めてのウォータースライダー1時間半すべりまくり。水着の尻、破れてなかったのが奇跡。


もう帰りたくない

部屋に戻り、どうせホテルの食事は食べないだろうと家から持っていったおにぎりを全部たいらげ、疲れ果てて寝てしまったタハをアンネに任せ、テラスバーで一人ワインを飲む。至福の時。

夜もしっかり飲み、翌朝もしっかり食べ、あっという間の一泊旅行は終了。楽しかったけれど、ひとつ謎が。


カメがタイヤに変わった謎

カメさん浮き輪を持って行ったのに、いったいいつどこでタイヤ浮き輪にすり替わったのだろうか。



category
たまにはおでかけ

ザギンの風ふたたび


変な位置にあるオレンジカウンターですが役に立ちました

あれから3ヶ月。
今ごろ、東京砂漠のど真ん中で、キラキラ働いてらっしゃるんだろうな~ぁ、あのお二人、と思っていたところ、”12日に伺います。”という突然のメッセージ。まるで、銀座から自転車で来るようなフットワークの軽さでまたまたお越しくださいました。笑顔が”キュートっ!”な、タカコさんとケイさん。寄り添うのは、トルコのよう知らん美容院で鏡の前に座るより、自分で切ったれ!のわし&昆虫ハカセ風ラマザン。


岡山のお酒だったよこれ、ゆみちゃん!

今回もまたこんなにお土産をいただきました。重いものばかりでなんとお礼を申し上げてよいのやら。どぶろくは、毎晩抱いて寝ようと思います(瓶内二次発酵しちゃう)。次の日、「これも忘れてた~。」と、濃厚ウニせんべいや玄米ブランなどまたまたたくさん頂いてしまいました。お土産って2回に分けてもらうと2回うれしいですね。さすが、ザギンの主はやることが違う。

磯江氏に写実して欲しい一枚

チェックイン後は、前回同様パヤマレストランへ早速お越しいただき、マントゥやカルヌヤルクなどのお食事を楽しんでいただきました。翌日はクシャダスへご一緒させてもらい、前回同様kazim usta restaurantでおいしいシーフード、ヒゲまでカラリと上がったお魚に感動。そしてまたまた前回同様ごちそうになってしまいました。いいのか?いや、いいわけない。というわけで、わしんちまで拉致、ワインを飲んでいただきました。


岡惚れからイギー・ポップまで、ここには書けない濃ゆいお話は尽きず、大変大変楽しい時間を過ごさせていただきました。サラエボからクロアチア、どうでしたでしょうか。近いうちにまたお会いできそうな気がなんとなくするので、またその時にでもお話しを聞かせてください。その時までお元気で!



【私信】あのときのケイさんの質問に「タモさん」と答えましたが、タモさんは飲み友達。よくよく考えたら思い出せました。以前はローリー寺西と言っていましたが、今は世界のナベアツです。

ついでに、好きな言葉は、『あちらのお客様からです。』


category
遠路はるばるようこそ~日本からのお客様~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。